暴風雨の後に


父が30日に無事に退院しました。
それとわたしも術後の経過が随分良くて、受けてよかったなぁと思いました。
良性で様子を見ても大丈夫と言われたものだったので迷いましたが、切ってしまったことで身も心もスッキリしました。

この6月はまさに怒涛の6月。特に後半の2週間は嵐の繰り返しで、終わりの数日間はまるで暴風雨の中にいるようでした。
しかも連続して判断を間違え、人生スタートしてから多分3本の指に入るか?ってほどの自爆ロードを突き進みました。
偶然が重なるというのはそうそうあることではない、というのがわたしの考え。
ここまでいろんなことが重なったのは、何かそこに大きなターニングポイントがあったんだろうという気がしています。

6月30日にね。ライブドアブログに掲載していたプロフ画像をやっと修正したんだけど、チェックしようとサイトを見て驚きました。
プロフ画像が太い黒枠で囲まれていたんだもん。まるで遺影みたいに。
余白のタグをボーダーのタグに入れ間違えていたという単純ミスだったんだけど、10pxの設定なので、すごい迫力(笑)
でも今にしてあれは象徴的な出来事だったなぁと。

それと同じ日に、わたし、菜箸を2本折りました。ぜんぜん別の2本ですよ?
人生やってて、菜箸を折るなんて出来事、そうそうあるもんじゃないと思うんだけど、それも2本も。
何の前兆なんだよ、とそのときは思ったんだけど。
古い菜箸だったんです。もう取り替える時期だったんですね。

古いものを切り捨てて、一歩先へ進む。
混乱の中、いろんなことを見極めるのに、間違った方法をとったり時間がかかったりしましたが、これから先は多分迷わないと思います。
だってね、すごく大切なものをもう少しで切り離すところだったんだもん。でも、今回は間違いに気がついて、それを乗り切った。
多分、ですよ? 終わったことだからときっと笑って許してもらえたんじゃないかな、と思ってる。
何かと勘が鈍く、思うままに突き進んでは間違ったことをしでかしてしまうわたしだけど、今度ばかりはわたしの勘は間違っていないと信じたい。

数時間前まではかなり迷ってましたが、今は心はクリアです。
こういう言い方は語弊があるのかもしれないけど、今回はもっとシンプルに、「自分がどうしたいか」を基準に考えました。
また迷うこともあるかもしれないけど、基本ラインはブレずに強く前に進みたいと思います。

今日は涼しかったのに、歩けなかったので悔いが残ります。多分明日も難しいかも?
ここしばらく仕事が手につかなかったから、ちょっと頑張らないと。
でも、月曜日からはまた歩きますよ!
ああ、歩けるって素晴らしい!

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする