ドライアイに効くのは?ロート目薬3種類を比較してみた

以前書いたロートのドライアイ用目薬についての続編です。
結局、コンタクトレンズ装着時にも使える次の3種類を試しました。
低価格のものから順番に、

(1)ロートCキューブ アクアチャージi
13mL入り 578円(税抜価格:550円)実売価格300~400円

(2)なみだロート ドライアイ・コンタクト
13mL入り 735円(税抜価格:700円)実売価格500円前後

(3)ドライエイド コンタクト
7mL入り 1155円(税抜価格:1100円)実売価格800~900円

※「実売価格」はうちの近所のドラッグストアで買えるお値段です。

結論から言えば、オススメ度は、

重めのドライアイであれば(3)>(1)>(2)
軽めのドライアイであれば(1)>(3)>(2)

かな?

ロートCキューブ アクアチャージi

(1)の「アクアチャージi」は良くも悪くも普通だと思いましたが、清涼感のないタイプなのに目がツーンとするというかキューッとするというか、キシキシするというか……。
うまく表現できないけれど、使用感があまり好きではありませんでした。
一応保湿系の製品だと思うんですが、その割には粘度が低いんでしょうね。
でもとにかく安いので、こんなものかな。
軽めのドライアイでは一番に持ってきましたが、特にオススメというわけでもなく、お値段に対しての評価ということで。

なみだロート ドライアイ・コンタクト

個人的に(2)の「なみだロート ドライアイ・コンタクト」はオススメしません。
最初はいいかと思いましたが、使えば使うほど目が乾くんです……。これってどうしてなんでしょう??
使って最初の5分くらいは目が潤っているんですが、そのあとカパカパになります。
それと、わたしには合わなかったのか、やたら目やにが出るようになって参りました。
少なくともコンタクトレンズ装着時には使いたくない製品です。

ドライエイド コンタクト

潤うという点で言えば、お値段だけあって、やはり(3)の「ドライエイド コンタクト」が一番でした。
使用感も(1)や(2)のように悪くないです。
ただ……とっても高いです。写真を見ていただけると分かると思いますが、

ドライエイド

左がドライエイドコンタクトなんですけど、お値段が高いだけでなく、こんな感じで一般的な市販の目薬のだいたい半分の量……。
頻繁に使わなくてもいいのでそれなりには持ちますが、少ないなぁ、高いなぁという印象は拭えません。
わたしはちょっと強めのドライアイなので、まぁアリかなぁ……という感じでしたが、正直軽めのドライアイではかなりもったいない目薬だと思います。

3種類の目薬を比べてみて

で、それぞれの目薬、リピートするか否かですが……、可能性があるのは(3)のみでしょうか。
ただ、このお値段だったら眼科に行って「ティアバランス」を貰ったほうがいいかなぁ。
処方薬は診察を受けなきゃいけない分、時間を取られるというネックがありますが、ティアバランス自体はジェネリック薬品なんで安いんですよねー。で、個人的に使い心地は満点。
それと比べちゃいけないのかもしれませんが、市販薬じゃお医者さんの薬には勝てないのかなぁ……?とちょっと淋しくなってしまいました。

ロートのはひととおり試したので、まぁ今回で卒業かな。
次は他メーカーの目薬を試したいと思ってます。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする