哀しき現代人

人間にも野性のカンというものがあるらしいのですが、どうやらわたしはそういった類のものを、すべて母親の胎内に忘れて来てしまったようです。
とにかくカンが悪い!
勝負事にからきし弱く、じゃんけんの勝率すら1割以下という有様。
ちなみに自慢じゃありませんが、「あっち向いてホイ」だってこれまでの人生で2度しか勝ったことがありません。
(だって、まず最初のじゃんけんが勝てないんだもん……、ってここまで来たらむしろ自慢できるよアンタ)

そして今回。
生まれ持ってのカンの悪さが災いして、また判断ミスをやらかしてしまいました。
仕事に関してです。

実は今日、新しい仕事を受けることになりました。
しかしこれが、正直わたしにとってちょっと難しく、割が決して良いとは言えない仕事。
しかも……。
そもそもこの仕事がわたしに回ってきたのは、その前にお話をいただいていた仕事の追加を渋っていたからなんです。
つまり、それを受けていたら手一杯になっていたはずなので、今回のもまず回って来なかったんですよね。

逃した仕事は、こちらもちょっと大変だけど、その分、単価が良かった仕事でした。
少なくとも、受ければそれなりに幸せな年末年始を過ごせたはず。
それに、すでに一度受けたことのある仕事なんで、段取りもわかっていました。

でも「もう少ししたら涼しくなるし、そしたらウォーキングも再開したいなぁ」とか、「時間が少しでもできるのなら、たまには創作活動とかしたいなぁ」などと考えてしまって、今まで仕事を受けることを躊躇してたんです。
今回のは、その回答をためらっている隙間に回ってきた仕事でした。

他の内容だったら断るという選択肢もアリだったのですが、全く知識のない方では難航するであろう内容で、恐らく無下に断ると得意先は困るのかなと思いました。
ただしわたしもその道の専門家ではないので、ある程度勉強しながらの作業になってしまい、簡単ではないんですね。
その分、単価には多少色はつけてありますが、それでもあんまり美味しくはない仕事です……。
何より、トータルの報酬が低い。幸か不幸か、恐らく1ヶ月のみの単発となりそうな内容です。

得意先との関係上、多少の無理は聞きたいと思っているし、その覚悟もできています。
やってみたら、案外うまく行くのかもしれない。
でも、今の思いはただひとつ。
「判断を誤ったなぁ。なんでさっさと前の仕事を受けておかなかったんだろう」、です。

よくアニメやゲームなんかで「自分はカンを一度もはずしたことがない」なんて言うキャラがいたりするけど、そういうのを見ると必ず、「あーそりゃハズレの分をわたしが一手に引き受けてるからでしょ」と言いたくなってしまいます。
……しかし、なんでこんなにカンが悪いのでしょうね、わたし。ホント、しょんぼりです。

スポンサーリンク
広告336
広告336

コメント

  1. 珊瑚 より:

    こんにちは。
    なんか人生について回るものってありますね。
    でも、人生ってプラスマイナスがうまく出来てるみたいで、悪いことばかりじゃない!
    必ずもっといいことが巡ってきます!大丈夫!
    ファイト~!

  2. 月隠カイラ より:

    > 珊瑚さん

    ファイトの声援、しかと受け取りました\(⌒∇⌒)/

    そうかもしれないですね、プラスマイナス。
    どこかで帳尻が合うようにできているのかもしれません。
    とりあえず、今与えられた仕事を前向きに頑張ろう、と気持ちを新たにしています。

    いいことが待ってても来ないなら、自分で呼び込まなきゃ、ですね♪

  3. RUN より:

    なんだか気が重そうですね(-o-;)
    でもそのお仕事を引き受けるにはそれなりの
    事情とかがあったんですね。
    私も2年前に渋々引き受けたプレゼンがあって、
    終わるまで気が重かったのを思い出しました。
    でも終わってみると、かけた労力が
    膨大だっただけに、自分の中でいつでも
    取り出せる財産になりました。
    きっと終わられれば達成感だとか、
    ご自分の中に確かなものが残るはず!
    1か月大変でしょうが、体調に気をつけて
    乗り切って下さいね(^O^)

  4. 月隠カイラ より:

    > RUNさん

    ご心配、ありがとうございます!

    自分の好きなことだけを選んで受けるって言うわけにはいかないですもんね。
    こればかりは、仕事をしている以上、常に付き纏うことなのかも。
    それに、引き受けたからには責任を持ってやり遂げなければいけないですよね。

    渋々引き受けた仕事がやがて自分の財産になる……。
    そうなれが本当にいいなと思います。
    いつもと違うことをするからこそ、新しい引き出しが増えるのかもしれない。
    そう思いながら、頑張ってみたいと思います!(`・ω・´)ゞビシッ!!