疲れ目は瞳の叫び

先日のこと。
7~8時間ほど寝られた日があって、そのときにちょっとした発見がありました。

「しっかり寝た日の翌日は、疲れ目が治っている」

……全然気がつかなかった。
もしかしたらわたしの疲れ目の一番の原因は、寝不足で目を休めるのが不十分になってたことなんじゃないだろうか。

これまでいろんな目薬を試してみたり、薬やサプリも試してみたりしてきたけど、正直言ってこれは盲点でした。
睡眠を取る=目を休めるってことなのね。
「そんなの当たり前だろう」と言われそうだけど、実際、これに関しては全く考えもしませんでした。

実はわたしが一番疲れ目を感じる時間帯って、朝起きたばかりのときなんです。
即、目薬を使うと疲れは緩和。
そしてその後、仕事をスタートさせる前にコンタクトレンズを入れます。
コンタクトレンズを使っている最中は、意外と朝ほどの目の疲れは感じてません。ドライアイはあるのだけどね。

もちろん、ディスプレイを見ている時間ってハンパないので、これが一番の原因だとは思うんです。
でも、その割には日中、もしくは夜間に眼精疲労を感じることが少ないのは不思議だったんですよね。
目が「やっと休憩時間だぁ」と思った瞬間に叩き起こされるような生活パターンが繰り返されているので、もしかしたら目が「もっと休ませてくれよ……」とぐずってたのかもしれない。
……そう考えると、なんとな~くは理解できます。朝一番の眼精疲労。

☆ ☆ ☆

数ヶ月前に受けた仕事のゴールがやっと見えてきました。
今回の仕事は時間的にもネタ的にも気力的にも、ブログ更新にも多大な影響が出てました。
これが終わって次がどうなるのかはちょっと分からないんだけど、1ヶ月くらいルーティンワークだけで過ごしたいかも。目も休ませたいしね。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする