仮定法過去完了とノーランズ


ここのところずっとDuolingoで英語とイタリア語を勉強しています。

半分ゲーム感覚で語学の基礎が学べる無料アプリです。
最初はタブレットでやってたんだけど、Web版の方が操作性が上なので、最近はもっぱらWindowsから。でもタブレットやスマホなら出先でもできるから便利ですね。よりゲームっぽいし。

こういったアプリの例に漏れず、SNSとの連携がいいので、twitterやtumblr.ではその都度進行状況を落としてます。うん、久々に躍動してるよ、my tumblr.!!

で、今日は英語のスキル「仮定法過去完了」を習いました。
あれ? 昨日まで中2英語やってたのに、いきなり仮定法過去完了かよ。っていうか仮定法そのものがいきなり登場したし!

見ると日本語から英語を学ぶってのは、まだベータ版なんですね。
ちなみにイタリア語を学ぶのも、英語からじゃないと学べません。どのみち基礎だけなので、わたし程度の英語力でもそれほど大幅には困りませんが、それでも英語で答えなきゃいけないところを間違えたりするので頭を抱えます。イタリア語を英語から学ぶ利点ももちろんたくさんありますけどね。
まあ、これからのDuolingoさんの展開に期待です。……自分の英語力はさておき。

で、「仮定法過去完了」です。
急に「仮定法過去完了」というタイトルに、なんだそれと構えてしまいましたが、なんのことはない。”I would have changed my answer.” みたいなパターンです。実際にはそうではなかったけれど、という。

問題を解きながら「わからなくはないんだけど、なあんか使いどころがピンと来ないんだよなぁ」と考えているうち、ふと思い出したのがこの曲。The Nolans の“Sexy Music”!

この曲の歌詞の中に、”Man you should have been” って部分があるんだけど、まさにこれじゃない、仮定法過去完了って? うん、やっとしっくり来た気がする。これはノーランズに感謝ですね。

最近自分の中でノーランズブームが巻き起こってます。ちょっと前にバーニーさんの死去のニュースを聞いて、それがきっかけになって。シンプルなポップスというのは、ときに実に心地よい。CDも買ってしまったよ。いやほんと、改めて聴くといいのよ、ノーランズ!

※ ※ ※

Duolingo、無料だしおもしろく勉強させてもらって文句は言えないんだけど、ところどころ出題や解答分の日本語の不備が気になりますね。

一応「問題を報告」ってシステムがあるんで、いくらなんでもこれはねーだろ、ってときのみ「報告」入れてる。ただそのたび、「そういうコトが気になる自分」が逆にストレスにもなったり。……性格なのか、職業病なのか。

※ ※ ※

5/1追記。
今日Taylor Swift聴いてたら、そのものズバリの過去仮定法完了があったじゃないですか!
ファーストに入ってる「Should’ve said No」!

今、飛ぶ鳥を落とす勢いのTaylor Swiftですが、カントリーもけっこう好きなわたしには、このファースト、とっても心地よくて好きですね~。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする

コメント

  1. YMS より:

    アプリで語学が学べるなんていいですね。
    私も英語を勉強しないとなぁと思っています。

  2. カイ(管理人) より:

    習うより慣れろ、っていう点ではアプリは本当に便利だと思います。
    何より無料というのがありがたいですね。