通過点。

ワールドカップ出場、決まりましたね!
なんだかんだ言いつつ、やっぱり決まればホッとするし、嬉しいもの。
本当に良かったと思います。

ただ、この結果に満足してしまうのが怖いですね。
ドイツに一番乗りの裏には、「アジア枠4.5」という大きな政治的結果が存在するわけで、楽にアジア予選を突破した→本番での展開を楽観視する、てな展開が一番まずい。
そういう意味では、この後すぐにコンフェデが始まるのは、非常にいいタイミングです。
本番のワールドカップに較べるべくもないけれど、やはりここで世界の風を感じて来るのは、絶対にいい経験を手に入れることになるだろうから。

「勝っておきたい試合」にきっちに勝点3ずつを上げられたのは、成長だと思う。これは本当にそう思う。
でも、バーレーンも北朝鮮もぐだぐだだったというのは忘れちゃいけないですね。