重い瞼に、闇からの一撃。

今朝未明のセルティックvsリビングストン。

(日本時間で)午前0時のキックオフというのは、正直言ってかなり最悪に近い試合開始時間なんだけど、昨日はそれからさらに50分遅れのスタート。
辛い。辛い。マジ辛い。
なんでも、スタジアム一帯が停電してたかららしいのですが。
お陰でわたしともあろうものが、実はハーフタイムに突入したあたりから後半開始20分前後までの記憶がごっそり抜け落ちてます。
それでも肝心な時にしっかり目を覚ましてて、決勝ゴールシーンをしっかり見た自分を褒めてやりたいです。br />

引き分けムードが濃厚だったところに値千金の決勝ゴール。
前の試合が前の試合だっただけに、これは大きいでしょうねぇ。
序盤から積極的にゴールを狙っていたのが、87分にしてやっと実ったんだけど、かなり危ない試合でしたよ。
「右サイドから切れ込んで」っていうのが、セリエAでのラストシーズンとなった去年1年間の成長の証だよなぁ……とわたしにはつくづく思えたのでした。
(確か俊輔、4年前には「左サイド」すら嫌だって言ってたよねぇ。)
ストラカンさんって、コンフェデ等の代表の試合だけじゃなくて、かなり昨シーズンのレッジーナでの俊輔のプレイを見てたんだねぇ。
でなきゃ、マロニーを左に回してまで、あれだけ右で使い続けないもん。

それにしても、まさかロイ・キーンがセルティックに加入するとは。
ひとりひとりのキャラがハッキリしているセルティックに、さらなる強烈キャラの登場♪
冬休みナシのスコットランド・リーグ、万歳!!

♪ Hasta Manana – ABBA

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする