在宅勤務の甘い罠?

3月から新しい会社と契約を交わしました。
おかげで仕事量がぐっと増えて(密度は薄いが)、終わるのが毎晩深夜になってしまっています。

でもどれだけ遅くまでやってても、次の日も朝は7時には起きて、8時過ぎから昨夜の続きの仕事をしなくちゃならない。
ときには休みを取らないと、心身ともにあっという間に限界が来ちゃいそうです。

まあね、完全出来高制なんてものはそんなもんです。
で、経験を積めばそれなりに単価も上がる。
ノルマがあるわけではないので、「あ~、今月は休んじゃお」と思えば、多分お給金0エンで完全休養というのも可能(なんだろうけど、果たしてその先はあるのかどうか)。

でも実際のところ、その単価ってやつが、現状ほんっと安いのよね。
だから時間をかけて、量をこなさなきゃいけなくなる。
働けど働けど我が暮らし……ってまぁ、今回の仕事は最初の振込みあるの、来月の末になるしね。

可能であるなら外にバイト行ったほうが全然いいですよ。昔ながらの内職とどこが違うんだと。

よく見かける、

「空いた時間に楽しくお仕事して、お小遣い♪」

みたいなのって、普通にあり得ないし。
というか、少なくともわたしはそういうの、経験ないなー。
ちょっと報酬が高いものは単発。
継続して仕事を回してもらえるのは、単価が低い。
法に接触しかねないものだとか、サクラ的なものは割が良いとは聞いたことあるけど、やったことはない。
いわゆるベタ打ち系のモノが、収入になる仕事として実際に存在しているのかは、はなはだ疑問だったりするなぁ。

で、わたしの仕事です。
どういうカタチであれ、多少なりとも自分のキャリアが生かせるクリエイティブな仕事をしたかった、というのはありましたね。
それと、採用の試験を受けているときになって知ったことだけど、わたし、以前この会社の孫受けの仕事を請け負ったことがあったんだわ。音楽系の仕事だから今回の契約とは部署も違うのだけど。
それで、ここの会社と繋がりを持っていれば、もしかしていつかいい仕事が巡ってくるかも……とか虫のいいコトは、ちょっと考えたかな。

それに加えて、親の事業の経理事務やバイトも継続してやるつもりだとか、現在ちょこっと通院中だとか、モロモロの事情はあったわけだけどね。

でもまあ、しんどいなりに、やりがいはありますよ。
いい仕事をしたと誉められたら、ホント嬉しいし。
で、担当の人、これがいい人なんだ。
普段はメールでのやり取りが主ではあれど、やっぱり人間関係は大切だとつくづく思った次第。

まぁ、いつまで頑張れるかわからないけど、(ここで愚痴ったことだし)しばらくは頑張ってみますわ。
でも、その間は、作曲とか、かなり無理だろうだなぁ……。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする