「テイルズオブデスティニー」クリア!

ちょっと前の日記読み返してたら、「テイルズオブデスティニー」開始したの、5月になってますね。
クリアまで半年かかっちゃってるし。。。
しかも、ラスボスはオート戦闘でクリアしちゃってるし。。。
ちくしょー、だってラスボス、どうしても倒せなかったんだよぉぉぉぉ!

クリア後のEXダンジョンをクリアして(←コイツがまた随分時間が掛かったよ)、なりきりの宝石をいくつかゲットしてから2周目スタートしましたが、ブラストキャリバーの発動のさせ方を理解したの、EXダンジョンに入ってからだったなんて恥ずかしくてとても言えません。
タコ殴りで勝つしか脳のないへっぽこゲーマーのわたし……誰か何とかしてください。
(ディフィニット・ストライクとかありえんよ。。。普通にありえん。。。)

で、感想ですが、個人的にはダリス×マリーの下りがあっさりしてたのがちょっと残念かな、と。
ダリスの死亡シナリオがなくなっちゃってるので、そのあたりは仕方ないんですが。
PS版ではいつもダリスを殺しちゃってて、マリーが思い出した過去を語るイベントで毎回滝涙状態でもらい泣きしてましたので……。
そのあおりでウッドロウ×マリーの設定は、ラストの日の前日のイベントに名残を留めるのみになっちゃってましたが、このほんのりしたイベントはわたし、結構好きでした。

それとEXダンジョンではジョニーにお世話になりましたよ。
くるくる回れ~♪←コレ最強!
しかし後半のジョニーの合流、いくら何でも遅すぎませんか。
リオンがいなくてジョニーがパーティに加入しているときには、常に表示キャラはジョニーにしてたわたしとしては、ホント寂しいことこの上なかったです。

リオンの性格の設定変更についてはかなり物議を醸していたようでしたが、わたし個人的にはツンデレリオンは「アリ」でしたね。
でもそれと同時に、こういう甘さのあるリオンはイヤだ、認めない、っておっしゃる方の気持ちもわからないではない、と思いました。
リオンみたいなキャラになると、ゲーム・オリジナル以上にプラスαの部分への思い入れってのが半端じゃなくて、捉え方や解釈って、きっと好きな人の数だけあるわけですしね。
そもそも、万人が同じストーリー・感覚・思い入れを共有するなんて、それはそれで我慢ならない話だろうし。

ただ、リオンとの別れのムービーは良かったですね。
オープニングムービーも名作だと思いますが、リオンのラストも秀逸ではないかと思いました。

今は1月に出る「ディレクターズカット」を楽しみにしてます。
はい、もちろん予約しましたとも!

♪ Now Playing/ SEVENTH HEAVEN – L’Arc~en~Ciel

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする