264.41=(48.74+39.83)+(93.98+81.86)

いやー、興奮したー!!
フィギュアスケートのことは女子が終わってから書こうと思ってたんだけど、余りにも感動してしまったので。
昨日の夜は、ホントWebTV見られて良かった~!と心から思いましたよ。
(……ってコレは残念すぎるだろうフジテレビ)

ちょっと点は出過ぎかな~?とは思うものの、2位のバトルや3位のライサチェクも明らかに点が高めに出ていることから考えても、大ちゃんの大差を付けた圧倒的勝利は妥当かと。
ただ、プロトコル見に行ったら、5コンポーネンツで3項目に9点(残り2つは8.75)つけてたジャッジがいたのにはさすがに笑いましたが。

実はわたし、これまでずっと”殿”派だったのですが、昨日の「ロミオとジュリエット」にはやられました。
SPの「スワンレイク」は楽しくて大好き。でも正直「ロミジュリ」はイマイチかな~と思ってたのだけど、昨日の神演技は何なんですか!

4T、4T+2T、3A、3A+2T+2Loとキチンと入れてきた漢っぷりもさることながら、その間のスローパートね。
……振り付けは変わってないですよね?
腕の使い方だったのか、全身の動きなのか、どこがどう今までと違うのかよくわからないけれど、GPFや全日本と比べても表現が素晴らしかったです。
おお、これこそ、ロミオとジュリエットだ!と思った瞬間、このスローパートで不覚にもぶわ~っと涙が溢れてしまいました。

(本人比の)勝因は全日本でクワド2本入れた「経験」でしょうかね。
前回のあれで体力の配分が分かったのか、サーキュラーステップを抑えめにコントロールして、あとコンビネーションスピンも一番低い位置のモノをカットというのは、とても賢い選択だったと思います。
(しかもスピンはレベル4もらってますしね。)

そんなこんなで、すっかり大ちゃんファンになってしまったわたしですが、やっぱり”殿”のご帰還が待たれることも認識を新たにしました。
小塚くんもがんばってるけど、アメリカの3番手ともうちょっと競る点が出てくるようになればいいですね。

それと、わたしアメリカ勢ではジョニー派(外見ではないよ)なので、「ライサチェクってどうなのよ」という目でも今大会を見ていたんですが、昨日はなんだかいろんな意味で気の毒に感じてしまいました。
ライサチェク選手、あまり昨日の出来は良くなかったですが、世界選手権ではぜひ素晴らしい「トスカ」を見せてもらいたいです。

さてさて、女子のWebTVでの放送は2時15分からですか。
もう今日はコレ目当てで完全休暇を取っちゃいましたので、余計なことは考えずに、じっくり演技を楽しみたいです!
真央美姫すぐりん、がんばれ~!!

♪ Swan Lake Hiphop version

  あはは、勢いに乗って「フィギュアスケート」カテゴリー作っちゃったよ。

 

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする