絶対に負けられない戦いがここにある。

しかし何ですかね、Windowsってヤツはわたしに喧嘩売ってるんですかね?!

先日、突如ネットワークに接続できなくなったウチのWin機「みかんちゃん」。
丸1日孤軍奮闘しましたが、どうしても原因が特定できず。
……ちっ! せっかく可愛い名前付けてやったのに。
インターネットに接続できなければ仕事上困るので、ひとまずコレは置いておいて、手つかずで放置してあった 「NetVista6842-60J」を何とかしようということになりました。

実はこの「NetVista6842-60J」、知人の家で眠っていたのを譲ってもらったモノ。
(ただしプロセッサはなぜかCeleron950MHzになっておりますが。)
で、これにはWinXPがインストールされていたんですが、都合上、一旦初期化してWindows2000をインストールすることにしたんです。

しかし、コイツがなぁ……。
「新規インストールは初心者には難しい」「Windowsはすごく大変」って話は前々から聞いてましたけどね。
確かに大変でしたよ。想像以上に。

ええ、自慢じゃないですけど、Windowsはずぶのシロウトです。
てか、むしろ自慢できるほどのシロウトですけどね。
イチからOSインストールってのは初めての経験で、しかもやり方だってよくわかってません。
マニュアルみたいなケチなモノも持ってません。
でもやることはMacとたいしてかわらないっしょ?と、とりあえずスタート!

えーと、まずはOS新規インストールの方法は?とネットで調べてみると、
WindowXP→Windows2000の場合は「フロッピー4枚で構成された起動ディスクを作る必要がある」説と「CD-ROMだけでOK」説がある??

  ……いきなり意味がわからない。
  機種によって方法が違うということなのか??

仕方ないので、とりあえず近くの100均に行ってフロッピーディスクを4枚購入。
ときに、Winユーザーにとってはどうなのかわかりませんが、実はマカーからすればフロッピーってヤツは20世紀の遺物って感覚なんです。
iMacの登場とともにフロッピーのドライブも姿を消していますのでね。
なるほど! Windowsめ、しょっぱなからこのわたしにアウェイの戦いを仕掛けて来てるってわけだな!

で、とりあえずフロッピー4枚でDOSを起動させるディスクなるものを作って。

さあっ、CD-ROMで起動さすぞ! 来るなら来い!

……コネ━━━━━━(`Д´)━━━━━━ !!

CD-ROMで起動させるためのBIOSの設定切り替えがど~~してもうまくいかないっ!
どーゆーこと?
起動ディスクの作り方が間違っちゃってた?

大汗かきながら答を求めてネット検索してる最中にピンとキましたよ。
もしかしたらコイツ、BIOS設定切り替えるのにシリアルのキーボードが要るのでは? おいおいおい……

さて、ところでウチにはUSBのキーボードしかないのですよ。
そこで、周りをあたってみると運良く親戚にシリアルのキーボードを持ってる人が。
調達してきて接続。……ビンゴ!!
BIOS設定してCD-ROMからの起動も成功。
やっぱりシリアルかよ!

しかしねー。そもそも、たかがCD-ROMからの起動ですよ?
わざわざフロッピー購入して、結局必要なのかどうかもよくわからないまま起動ディスク作って、シリアルのキーボード調達して、や~~っとCD-ROM起動ですか?
しかも、再起動中にジャストタイミングでキーを押せだのミスったらやり直しだの、どのキーを押すかは機種によって異なりますだの何だのって、……ハァ??
なんでこう、いちいち上から目線なんですかね?
表示されるメッセージも英語だし! ココは日本だ、日本語で書け!
(……いや、書いてください、お願いします……)

  だってさ~、Macなら起動ディスクフォルダーの中のアイコンを選択して
  再起動するだけの話。数秒の手間で済む話なんですのよ?
  むしろ、引き出しから起動ディスクの現物を探してくる手間の方が大変ってくらい。

でね、インストール始まっちゃえばこっちの時間帯。ザマ~♪なんて思ってたら、そうも行かない。
どっちかと言えばここからが消耗戦。
インストール完了して立ち上げても、Ethernetにも繋がらなきゃ音も出やしない。
いったいいくつのドライバーだのアップデータだのをインストールして、何十回再起動を繰り返さなきゃならないのですかお兄様。
……そうかいそうかい。あくまでもわたしを拒絶するというのだね、おまいさんは。

そりゃあね。
わたしは確かにWindowsがそれほど好きではないです。
けど、使うからには良いお付き合いをしたいわけで。
いろいろ手を掛けて、使いやすく可愛くしたいなぁって。
商売道具でもありますし、むしろ使ってる時間は現状、MacよりWindowsの方が長いわけですからね。
なので……

  この新Win機に某ゲームのお気に入りキャラから拝借して「シャルティエ」って名付けたくらいなんです……!

なのに……。それなのに……!!

とりあえず、Ethernetデバイスとサウンドデバイスを拾ってきて、現在これでなんとか使えるようになりました。
が。
多分また何か足りないモノがあって、後で頭を抱えることになるんだろうなぁ。

今回のことでつくづく思ったのは、Macが「自分そのもの」であるのなら、Windowsは紛れもなく「永遠のライバル」、ってコトでしょう。

  ちなみに、「シャルティエ」が動き始めた途端、第3のWin機も昇天あそばされました。
  こっちは起動すらしやがりません。

今に見てな! 絶対にねじ伏せてやる。

♪ EXEC_LINCA/. – from 月奏(ツキカナデ)Ar tonelico Hymmnos Concert Side 紅

  風雲急を告げる。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする