キムヨナの得点は適正か

フィギュアスケート世界選手権、終わってしまいました。
シングルは男女ともに3枠獲得したことと安藤さんの復活は嬉しかったけど、今はなんとなく脱力してしまってます。

キムヨナの点数、おかしいよねーっ!

もう至るところでさんざん言われているんじゃないかと思うけど、フリップはスローで見るまでもないほどのエッジエラーだし(「アテンション」ではなく明らかに「e」)、ジャンプも他の選手ならさくっと回転不足を取られてるレベルのものが何故か彼女だけは何のお咎めもナシ。
ダブルアクセルートリプルトーループはわたしの目にはまるっと半回転分足りてないように見えるのですがねぇ?

プロトコルも見たんですが、なんだか乾いた笑いしか出てこなかったですよ。なんすか、あの加点の嵐。
スパイラルも、例えばシズニーと比べてどの辺が優れているのか、ぜひじっくり聞いてみたいものです。
シロウトにはわからんだろ、と思ってるとしたらかなり痛いっす。あれじゃ「1点につきおいくら?」と揶揄されてもしかたないでしょう。

もし点数の意図的な上乗せがなかったというのなら、ジャッジは全員レーシック手術を受けた方が良いですよ。なんなら良い医者紹介して差し上げましょうか?

ま、キムヨナに関しては語れば語るほどうんざりしてくるので、このくらいにしておきます。
最初このブログでキムの話題を出した時には、わたくしこれでもかなり抑え気味で書いてたんですけどねー。
そういう配慮もなんだかバカバカしくなってきました。
個人的には大会通してJ Sportsで見たというのがせめてもの幸いでしたかね。でもあくまでこれも消去法ですよ。ストリーミングで見るというのが一番賢い選択なのかもしれません。
あ、フジは見ませんでした。フリーの視聴率14%、エキシビションは7%だったとか。御愁傷様。

さて、今大会の収穫は、安藤さんの復活ってことになるんでしょうが、こちらもなんだかメダルの色が腑に落ちないんですよねぇ。キムはともかくとして、なんで出来の良くなかったロシェットの下になるんだろう?
ロシェットは決して嫌いな選手ではないんですが、これでは文句のひとつも言いたくなっちゃう。

もちろん、こうして今シーズンのラストでいい結果になったというのは本当によかったですよー。
フリーを変更した時にはどうなるかと思ったけど、「オルガン付き」、いいじゃないですか! 迫力のあるプログラムに仕上がって格好良くて、見応え十分でした。
個人的にはショートの「Chairman’s Waltz」をオリンピックシーズンでも見たいような気もするけれど、もうすでに来シーズンの選曲は終わっているみたいですね。
今まで滑ったことのある曲も使われるということらしいので、新しいプログラムを楽しみに待ちたいと思います。

それにしても、キムヨナのフリーを頭の片隅に置いて安藤さんの「シェヘラザード」を見ると、今年の世界選手権の金メダルの価値が量れるような気がしますよ。
下にリンクを貼っておきますので、ぜひ!

そして真央ちゃんは、本当にお疲れさま(「ご苦労さま」ではなく)でした、と言いたいです。
賛否両論あった「仮面舞踏会」でしたが、わたしは大好きでしたよ。何度も何度も動画をリピートしました。
10年経っても20年経っても、このプログラムは色褪せないんじゃないかな。最後まで完成されなかったからこそ、余計にそうなるような気がします。
この大会、心身ともに、どれだけ大変だったでしょうか。
国別対抗とやらがあるようですが、キャンセルしてゆっくり休ませてあげられないものですかねぇ……。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする

コメント

  1. もっぷ より:

    本当キム選手の加点は酷いですよね!
    あのへこへこすかすかステップにレベル3、
    加点1.00!!??
    開いた口が塞がりませんでした。
    どこがコストナーと浅田のステップを
    超えていたのでしょうか??

    SPでの総合得点一位は認めますが、
    FPは3位以下でしょ??みたいなプロでしたよね……
    SP67FP109
    ぐらいが妥当でしょう。

  2. 管理人 より:

    もっぷ様
    コメントありがとうございます。
    フリーは3位以下というのに完全に同意です。

    それにしても、キムのステップ……。
    あれは確かにいったいどのあたりが評価されているのか不思議ですよね。
    何と言うか、かな~~り大まかな感じのステップですし。
    それにステップは演技の中でもハイライトの位置づけだと思うんですが、見ていて何か伝わってくるようなものもない。
    観客の手拍子や拍手は正直だと思います。

    真央選手のステップは見るものの感情を引き出してくれるステップ。魂が揺さぶられます。
    コストナー選手のステップは軽やかで、音楽的。見ていると自然と笑みがこぼれてきます。
    キムには体力的な問題もあるんでしょうが、ステップの質がこのふたりよりも上とするには無理があるかと。

    でも当人はステップに自信があるのではないでしょうか。
    よくエキシのアンコールで滑っているのを見ますし。