ワールドカップまであと1年

イランがワールドカップ出場を逃してかなりがっかりしてます。
イランはいい選手がたくさんいるし、個人的に10年来贔屓にしているので、今回も一緒に出たかったですよ。。。
それに、くだらないライバル煽りはもうたくさん。本当の意味での日本の良きライバルは、やっぱりイランでしょ?

ワールドカップまであと1年ということで、南アフリカではコンフェデレーションカップが開催されていますが、スカパーに入ってるくせに見られない。なので、ま、思ったことをつらつら書いてみようと思いマス。

オーストラリア戦はいろいろ残念でしたが、日本の現状の良い面や悪い面が垣間見えて、個人的にはすごく面白い(ためになる)試合でした。
オーストラリアはタイプ的にもレベル的にもアジアの枠からはみ出るチームですし、テストマッチとしては願ったり叶ったりの相手だったんじゃないですかね~。
オーストラリアサポが試合後に掲げた「Nippon is always in our shadow(でしたっけ)」の横断幕には、さすがオージーと失笑しましたけどね。

サッカー系コニュニティ等覗いてないんですが、負けたってことでやっぱり批難轟々だったりするのかしら。
んー、でもなんだろ、わたしがこんなにスッキリしてるのは、日本の控え選手に元からそんなに期待してなかったってことなんですかねぇ。。。
前回のワールドカップでのガッカリ感は半端ないものだったんですが、それだけに現実の受け入れは終了してるんで、今更プライドがどうこうっていうことを感じないせいなのかもしれないですけどね。

オーストラリアも主力選手が何人か出ていなかったとはいえ、日本代表はわたしの想像よりははるかにいいゲームしてたように思います。以前は中盤のキーマンがひとり抜けただけで、もっとぐだぐだになってましたからねぇ。
ゲームの中で「コイツは使えねぇ」「コイツは頼りになる」という選手がものすごく明確になったこと、チーム全体の意思統一ができていることを確認できたことは収穫でしたし、チームの出来自体も「良くもなかったけれど悪くもなかった」と思いました。
ただ、勝つだけのパワーというか、オーラはなかったですね。ナショナルチームのサッカーは基本、勝ってなんぼなので、「これでベスト4目指すとか言うなよ」と腹立たしく思う人がいるのなら、その人の気持ちはわかります。

まぁ、ベスト4云々は、岡ちゃん一流の表現の問題なんじゃないですかね。
「まず1勝を目指す」とかめちゃめちゃ現実的な目標を掲げられたのでは、正直わたしは萎えちゃいますし、マスコミ的にも困るでしょうし。

そうそう、昨日夜のニュース番組に、本田選手が出てましたねー。
「その発言はどうなの?」とか、「オランダでMVPっつっても2部だからねぇ……」なんて思ってしまうことも多々ありますが、でもおもしろい選手じゃないの。
(下の世代の代表の時には、使えない奴としか思えなかったけど。)
オーストラリア戦で正直見てみたかったけれど、代表入りが確定済みであれば、この時期しっかり休むのもいいかもしれないですね。
(ところで森本くんとかはどうなの? 呼ばれないの?)

俊輔選手はエスパニョール確定ですかねぇ。
メディアが何と報道していても、正式な契約が交わされるまでどうなるかはわからないですが、ここ何ヶ月かマリノス入りが決まったかの報道だったので正直意外でした。
交渉がこじれた原因は、どうもマリノス側の社長がここにきて「休みナシで即チームに合流」みたいなトンデモ条件を提示したかららしいですが、バカ、なんですかね。
リーガ移籍は恐らく賛否両論なんでしょう。でもわたしは「楽しみが増えた」ってことで歓迎したいです。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする