ワールドカップはいよいよ準決勝!

南アフリカワールドカップもいよいよベスト4が出揃いましたね。
南米の大会になると思いきや、ブラジルが破れアルゼンチンが破れ……

これで準決勝の対戦は、

ウルグアイ - オランダ
 7月6日(火)27:30~
ドイツ - スペイン
 7月7日(水)27:30~

ということに。
最終的にはヨーロッパが3ヶ国、南米が1ヶ国ということになりました。
しかし、イングランド→アルゼンチン→スペインと当たってきたドイツは茨の道をガシガシ突き進んでいるという感じですね。
戦いぶりを見ると一番の優勝候補に見えますが……なんとなく優勝しないような気がする。何となくですけどね。

今にして決勝トーナメント表を見ると、ここに日本の名前があるのが嬉しいし、すごいことだったんだな~とあらためて思います。
普通に強豪だと思ってた国が「初のベスト8」なんていうのを聞くと、ベスト8やベスト4がどれだけ難しいことなのかを実感します。

アフリカ勢で唯一勝ち残っていたガーナ、本当に残念でした。
相手のハンドで得たPKを失敗……。
確かにPK失敗は責められるべきなのかもしれないけれど、ハンドしなければ得点が入ってゲームセットだったことを考えると、ちょっと気の毒ではありましたね。

ファウルを受けたほうが「得点にならない可能性」というリスクを背負わなきゃならないというのはファウルを犯した方への罰則(=ペナルティ)とは呼べない、とも言えるわけで……。
サッカーはファウルをそれほど悪だと見なしてないので、試合ではよく見られるケースかもしれないですけど、よりにもよってあの場面ですからね~。いや、あの場面だからこそ、なのかもしれないですけど。
神の手と呼ばれても所詮は人間の手であるように、ルールだって神様じゃあないんだよなぁ、なんて色んなことを考えてしまいました。

もしもサッカーが日本生まれのスポーツだったら、全然違ったルールになってたんだろうな。「蹴道」とか呼ばれてたりして……。

♪eye – coba

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする