日本×グアテマラ雑感 キリンチャレンジカップ

昨日の日本vsグアテマラは朝日系列での中継とあって、こちらでの放送はナシ。
というわけで、パソコンでの観戦となりました。
例によって自動で動く紙芝居といった画質で時々モザイク、時々フリーズ。スピードも時々止まる分、後で巻き返しが来たりと散々なので、感想といってもあまり語れるものがありません。
なので、今日は試合後の報道をチェックしつつ、雑感ということで、ゆる~い感じで書いてみたいと思います。

まず喜ばしかったのは、待ってました!という感じの森本選手の2発でしょうか。
特に長友選手からのクロスからの1点目、これはキレイな形でしたね~。
2点目も本田選手のパスから香川選手のシュート、そのこぼれ球を森本選手が決めたということで、いかにもFWです!という点の取り方が良かったなぁと。

しかし、香川選手が入ってきて、森本君がこういう形で結果を出し、ある程度計算のできる岡崎選手もいるということで、FWの選手が点を取る形がやっとできつつあるというのは嬉しいですね。
本来ならFWの選手が点を取る、これ当たり前のことなんでしょうけど、これが日本代表の一番の課題でもあるところなので、明るい兆しが見え始めたというのは喜ばしいです。

全体的なことは、残念ながらわたしの見てた画面では全くわからなかったので、ここでは触れません。
ざっくり言えば攻守ともに竜頭蛇尾の試合だったということでしょうね。

ただ、失点はミスからだったんですよね。
直前の状況がよくわからなかったんですが、今回誰がミスをしたかというよりも、日本によくありがちなパターンであるという点が気になります。

あと個人的には、終盤の良くない展開で中村憲剛選手が出て来たとき、なんとなくホッとしたかも。
でも、森本君との交代というのはちょっと違うような気がしましたが。

それとグアテマラ。格下扱いの報道を散々見ていた割りに、(中東勢との試合を視野に入れた)親善マッチとしては悪くない相手だったのでは?
チームを2つに分けて、もうひとつのチームは別のところで試合していると聞いたときには「???」と思ったんですが、手を抜かずに戦ってくれたことで決して簡単な相手ではなかったですね。

もっとも、日本の方が失速しすぎだったのかも。コンディションの問題とか急増チームだとか、差し引かなければならないところはありますけど。

最初は無駄な2試合になるかもしれなかったキリンカップ。
新監督の就任が間に合い、まぁ、いろいろな意味で収穫もあり、良かったんじゃないでしょうか。

ザッケローニ監督の初采配はこの後10月8日のアルゼンチン戦(どうやら正式決定ですね?)。そしてその後にアウェイでの韓国戦が控えています。
ザッケローニさんは「わたしは甘やかされている」と語っていましたが、「いやいや、これからなかなか大変ですよ」と言いたくなる状況ですね。
次の2試合はそれぞれ別の意味で大変な試合になりそうです。
サッカーファンの多くは冷静に内容を見るでしょうけど、場合によっては韓国戦後にブーイングが来る可能性だってあります……。
「納豆に挑戦」なんてなんだか真面目そうで好感は持てるけど、日本人の中にも納豆食べたことがないような奴もいるので(それはわたしデス)、まぁまぁ、そのへんは適度に抜きつつ代表にオールイン!ということでやって欲しいなぁと思います。
幸い、日本にはおいしいイタリアンレストランもたくさんあると思うので。

グアテマラ戦、地上波で見られなかったので、当然期待はBS・CSでの放送となるわけですが、BS朝日での放送は今のところ予定なし。
CS、テレ朝チャンネルでの放送予定は10月3日(日)午後2:30~4:30だそうです。
10月ってあーた、そりゃないっしょ……。

♪Now Playing/ 犬のためのだらだらした前奏曲 – サティ