浅田真央選手、佐藤コーチとの練習を公開!

浅田真央選手の練習が公開されてたんですね。
もしかしてスポーツニュースでも報道されたのかな?
いや~、見たかったです。

⇒【記事】「真央、佐藤新コーチとの練習公開「ソチまで見てもらいたい」…フィギュア」

おぉ~、この記事。なんだかいい写真が掲載されていますね。
スポーツ選手とそのコーチの真剣なまなざしに「なごむ」という感想はちょっと失礼かもしれないですが、浅田真央選手と佐藤信夫コーチ、なんだか雰囲気が合っているような気がします。
浅田真央選手も今から「4年後のソチまで」と言っているのを見ると、なんらかの手ごたえがあるのかもしれないですね。

佐藤信夫コーチに見てもらった選手は滑りが綺麗になるというのはもういろんなところで語られていますが、すでに独特の綺麗な滑りを持ち味にしている真央選手がどんな進化を見せてくれるのか、今から楽しみです。

それと、佐藤コーチの手腕にも注目だなぁ。
「今あるものは壊さないように、少しずつ基礎の部分に変化を求めていく」
この言葉がどういったものを意味しているのか、今シーズンが深まるにつれて形となって見えてくるんでしょうね。
浅田真央選手にもこれまでとはまた違った何かが生まれてくるんでしょうか。

そして、長久保コーチとの師弟関係は解消、ということですね。
まぁ、長久保コーチのところには鈴木明子選手がいますし、これはこれで良かったのかも知れません。
わたしたちは忙しさに取り紛れて、つい「短い期間」と捉えてしまいがちですけど、たぶん本人にとってはかなり密度の濃い練習ができていたんじゃないかな?とショーでの浅田真央選手の滑りを見て想像しています。

しかし、ここ最近の日本の女子選手を見ていると、体型の変化が落ち着く20歳前後を節目にして、明らかに1ランクも2ランクもパワーアップしている選手が多いように感じます。
荒川静香さんや中野友加里さんがそうですし、華麗なる復活を遂げた鈴木明子選手にしてもトリノオリンピック前後の経験を乗り越えた安藤美姫選手にしても当てはまると思います。
日本も世界もフィギュアスケートでは若い選手の台頭が目立ちますが、日本の20代の選手が新しいプログラムを発表するごとにフレッシュな一面を見せてくれるのが嬉しいですね。

この9月で20歳になった浅田真央選手も、変わらずぐいぐい進化して行っているのを見ると、大きく年下にもかかわらず「見習わなきゃ」なんて思ってしまいます。
ジャンプの修正も引き続き行いながら、ということになると思うので、この1~2シーズンは難しい面も出てくるかと思いますが、ぜひ落ち着いて見守りたいですね!

あー、それにしても。
ますますジャパンオープンが楽しみになってきましたよ。
先ごろ安藤美姫選手も練習を少し公開していましたし、新しいプログラムが本当に楽しみですよね!

♪Now Playing/ 明日があるさ – ウルフルズ

コメント

  1. noburin より:

    浅田選手にはフィギュア界の伊達公子になってほしい。あの美しい滑りをずーっと見ていたい・・・と勝手な願望でした。

  2. 管理人 より:

    >nobrinさん
    その気持ち、とてもよく分かります。

    伊達さんはすごいですね。40歳でもあのハードなスポーツができるというのは驚きですが、気持ちも体も技術も充実しているからできることなんでしょうね。

    浅田選手も本当によく鍛えられているな~、とつくづく感心します。
    ぜひ体に気をつけて、滑っていって欲しいですね!