小塚崇彦選手 ジャパンオープン2010/カーニバルオンアイス【動画】

先日のジャパンオープン2010とカーニバル・オン・アイスの動画を見ながら感想をつらつらと書いていっています。
今日は小塚崇彦選手の新しいフリーとエキシビションの演技をご紹介してみます。

まずフリー。ジャパン・オープン2010での演技です。
曲はリストの「ピアノ協奏曲第1番」。

takahiko kozuka 2010 FS

昨シーズン、横に流れる楽器(エレキギター)の音に小塚選手の演技が合うというのは嬉しい発見でしたが、こういうクラシックの王道のような曲も当たり前のように合いますね~!
曲と振り付けと小塚選手の演技がすごくマッチしていて、見てるとα派が出てきそう。気持ちが浄化されるようなスケーティングです。

最初の4回転、すごく惜しかったけど、次には成功しそうな4回転で、今シーズンは成功率の方でもかなり期待が持てそうではないですか?
ところで演技の前に「コレオステップ」なるものが出てきていますけど、こういう細かいルール改正もあるんですね。
(難しいことはわからないけど)当たり前に考えると小塚選手にとってはプラスになるルール改正に思えますが、あまりにも流麗で涼しげな顔で滑ってしまうので、逆に損しなきゃいいなぁ、と思うほどです。
(↑ごめんなさい、上手く言えませんが、悪い意味では全くありません。)

そしてこちらは小塚崇彦選手の、カーニバル・オン・アイスでの新しいプログラムです。
曲はジョン・メイヤーの「Free Fallin’」ですね。

takahiko kozuka 2010 ex

すごくデリケートな演技ですが、もしかしたら昨シーズンより上半身に力がついた?
なんだか体の使い方も大きくなって、余裕もあり、このプログラムもとても心地いいです。
これまでのちょっと照れのある表情も素敵でしたが、今年はなんだか凛々しさとか懐の深さを感じますね。
それにしても、小塚選手のイーグルを見ると、ついニマ~っとしてしまう自分が気持ち悪いです。自重、自重。

テレビ東京系列の放送が見られない地域に住んでいるので、明日9日のBSでの放送が楽しみです。
放送はジャパン・オープンが明日21:00~23:00、カーニバル・オン・アイスが19日の21:00~22:54、いずれもBSジャパンにて。)
でもその前にこうして動画をアップしてくださった方にも、心からの感謝ですね! どうもありがとうございました!