鈴木明子選手、織田信成選手優勝!…GPSも迫ってきたね!

今週もサッカーにフィギュアスケートにと、スポーツ好きには忙しい一週間になりそうですね。
わたしもこの連休は久しぶりに休みが取れ、家にいなかったのでまだYouTubeを回れていません。
ということで、演技の方は見られていないのですが、週末に行われたいくつかのフィギュアスケートのニュースを貼ってみます。

まずはフィンランディア・トロフィーに出場した鈴木明子選手のニュース。

⇒【記事】「鈴木明子が優勝=フィギュアスケート」

ん~、あまり詳しい記事がないのが残念ですが、鈴木明子選手はキーラ・コルピ選手をフリーで逆転して、ということのようですね!
ルール改正で要素が少なくなったことを考えるとなかなか良い得点ですし、コルピ選手にきっちり勝っておいたのは今シーズンを占う上で良かったかも!
本当におめでとうございます!

今シーズンのグランプリシリーズでは、鈴木明子選手は中国杯(11月5日~7日)とロシア杯(11月19日~21日)に出場することになっていますね。
安藤美姫選手と完全にかぶってしまうのでお互いにちょっともったいない感じがしますが、2試合とも2人でワンツー決めてくれたら嬉しいですね~。

次に、近畿選手権での織田信成選手のニュース。

⇒【記事】「織田信成が逆転で今季初戦に勝利 織田が今季初戦で優勝 フィギュア近畿選手権」

織田信成選手は4回転トゥループを決めての優勝ですね!
記事だけでは演技内容はそれほど伝わってこないのですが、160.07(合計224.84)ってなかなかの高得点です。
スピンとステップでレベルの取りこぼしがあったということなので、逆にジャンプの出来は良かったのかな、と想像します。
きっと織田選手らしい着氷が見られたんでしょうね。あの着氷、大好きなので、早く映像が見てみたいです。
そして2位にはショートでトップに立っていた町田樹選手が入っていますね。
町田樹選手の今シーズンは3トップの一角に迫って来ることが考えられますし、織田選手に次いでの2位発進はファンにとってもかなり楽しみなスタートになったのでは。
得点の方も207.52としっかり200点を超えてきていて、良い弾みになるような内容だったら良いな、と思います。

今シーズンのグランプリシリーズでは、織田信成選手はスケートカナダ(10月29日~31日)とスケートアメリカ(11月12日~14日)に、町田樹選手は中国杯(11月5日~7日)とロシア杯(11月19日~21日)に出場することが決まっています。
織田選手のスケートアメリカは高橋大輔選手もエントリーしていますし、町田選手の中国杯には小塚崇彦選手、ロシア杯には羽生結弦選手がエントリーしています。

グランプリシリーズは今シーズンはNHK杯が最初で、10月22日~24日に開催されます。
いよいよ迫ってきた!という感じで見るほうもドキドキですが、とにかくみんな怪我無く日本選手権や世界選手権に向けていい足固めが出来ますように。

♪Now Playing/ More Than A Feeling – Boston