本田圭佑選手 ロスタイムにゴール!

ロスタイムと言うよりも、次のプレーでホイッスルだったので、ホントに終了間際でした。

⇒【記事】「本田が久々ゴール 跳び上がりながらのヘディング」

いや~、久々のゴールで本田選手も嬉しそうでしたね!
全くのフリーになっていましたので、あれをを決めなくてどうする!といった場面でしたが、綺麗な良いゴールだったと思います。
CSKAモスクワではボランチもやってますので、ゴールが無いことばかりを強調されるのはどうかと思ってましたが、それでもこうして決めてくれると胸のつかえが取れるようです。

この試合、本田圭佑選手はベンチスタートでした。
早々にCSKAモスクワがリードしてしまったので、もしかしたら今日は出番が無いのかな?と思っていたら、後半16分より登場。
日本代表での試合の疲れも見せずに攻撃に守備にと貢献していました。
コンディションにも問題なさそうに見えましたよ。
今週はヨーロッパリーグの試合もウィークデーにありますのでかなり大変かと思いますが、連戦へのいいスタートになったんじゃないでしょうか!

一方、チェゼーナの長友佑都選手も精力的に試合をこなしていました。

⇒【記事】「長友、7試合連続フル出場 森本はベンチ入りせず」

長友選手に関しては移動の疲れを考えてベンチスタートの予想もあったようでしたが、先発出場。
しかしこのヒトはタフですね~。
この試合に関しては攻撃にも参加していましたが、守備でより「らしい」プレーが見られたような気がします。

ここのところチェゼーナは難しい試合が続いていましたが、相手の調子がイマイチとは言えどもパルマ相手に勝ち点が取れたのは良かったと思います。
ただ、願わくば勝ち点3が欲しかったですね。
次節はアウェイでのキエーボ戦とこれまた難しい試合になりそうですが、ぜひいいプレーを見せて欲しいですね~。

おとり取材で票取引発覚…ワールドカップ招致の件
⇒【記事】「W杯招致で金銭要求 FIFA理事、英紙報じる
票取引問題を調査へ=W杯招致、おとり取材で―FIFA」

何を今更、と言っちゃっていいですかね?
こうして報道されることは良いことだと思いますが、FIFAがクリーンな組織だと思っている人がいるとも思えず、これを機会に浄化されるなんてことも期待できず……。
だって、こんなこと、日常茶飯事に起こっていることなんでしょう?
日韓共催となった2002年のワールドカップについても色々な噂が半ば公然と語られていますけど、あれは何だったのか訊きたいです。

今回のことがイギリスのサンデー・タイム誌に掲載されて一番困ってるのは、むしろFIFA自身なのではないんですかねー。
FIFAの中に調査されて困らないメンバーが一体何人いるのか、どちらかと言えばそっちの方を知りたいくらいです。
調査もその結果の発表もうやむやにされるのに100ガバス!

しかしこういったニュースはすべて海外マスコミ頼りになってしまうというのは、なんとも情けない話です。

♪Now Playing/ Beautiful days – 嵐