NHK杯…スゴかった男子!&豊の部屋

全体的に低調だった女子に比べて、男子シングルでは良いスタートになった選手が多かったんじゃないでしょうか。
特に日本の3人はキレイに4回転を決め、内容もグランプリシリーズ初戦としては文句の無いものだったと思います。

高橋大輔選手は優勝、本当におめでとうございます!
終盤に転倒はありましたが、昨日のSPよりも出来が良かったように思います。
選曲もいいですよね。
ショート、フリーと両方ラテン曲ではありますが、何から何まで全く別のものなので、見ていて全く飽きません。
ちょうど始まる前に2005年のNHK杯のダイジェストを見ていたので、そこからの成長度がすさまじいことになっています、高橋選手。
何より、本番に強くなりましたよねぇ。いやー、すごいです。

気になったのがフリップで、高橋選手はエラーを取られていたようですが、前から「e」マークついていましたっけ??
あれがエラー取られるとなると、必然的にクワドフリップへの牽制(中間点含む)になってしまいますけど……ま、これはわたしの考えすぎでしょうか。
どうも今シーズンはどうもエッジエラーをかなり厳しく取る方針のようですね。というより、エッジに関しては「!」マークというグレーゾーンを作ってみたり、またやめたりとルールの迷走ぶりが浮き彫りになってしまうわけですが、これでは選手が混乱してしまうんじゃないでしょうか。

羽生結弦選手も無良崇人選手もクリーンに4回転を決めて、なおかつ全体の演技もあれだけまとめられたというのに、正直驚きました。
これはソチ・オリンピックに向けて、国内での戦いがすさまじいことになると予想。
バンクーバーの時には3人が突出した実績を持っていたのでほぼ無風に近かったのですが、ソチでは代表に決まることがメダルを狙うことと同じくらい難しい、なんてことになってしまうかもしれませんね。
今回の結果を受けて織田信成選手、小塚崇彦選手、そして町田樹選手がどんな演技を見せてくれるのか、ますます楽しみになってしまいました。
(そしてちょっと緊張。わたしが緊張しても仕方ないんだけどね。)

男子のフリーで印象に残ったのは、やはり見事な4回転を決めてきたケビン・ヴァン・デル・ペレン選手と2位となったジェレミー・アボット選手でしょうか!

ヴァン・デル・ペレン選手はもしかしたら昨シーズンで引退なのかと思っていたので、こうして今シーズンも素晴らしいジャンプが見られて嬉しかったです。
4回転だけではなく、他のジャンプもとても良い出来でしたよね。
いつも4回転よりも、その後の演技にハラハラしてしまうので、最後にいい笑顔が見られてホントに良かったです。

それとアボット選手。
4回転がなかったのは残念でしたが、これは靴の影響でしょうか?
しかし、全体的にはまったく申し分の無い演技でしたよね!
高橋選手が「熱いプログラム」ならアボット選手は「温かなプログラム」だったかな。個人的にあのほっこり感はたまらないものがありました。
今回は全体的に得点の出方が読めなかったのですが、もう少し出てもいいのにな、と思ってしまいましたね。
ただひとつだけ、今シーズン国内のライバルになると思われるリッポン選手のプログラムが良くも悪くも分かりやすい(?)プログラムなので、そのあたりどうなのか、と。
今回のようなプログラムは日本人には間違いなく愛される良いプログラムなんですけどね。
まぁ、アボット選手に関しては今年に始まったことではないのだろうから、杞憂ですかね……。

ところで、アイスダンスで優勝したチャーリー・ホワイト選手。この日は、
Happy birthday to you !!
にして
Happy birthday to me !!
だったんですねぇ。
いやぁ、ますます親近感湧いちゃうなぁ♪

最後になったけれど、BSの放送で久しぶりに「豊の部屋」がありましたね。
樋口先生が浅田真央選手のインタビューで泣かれてしまって……。
ウン、気持ちはとってもよく分かります。
でも、樋口先生が泣いてしまうと、真央選手は困ってしまうでしょう。
酷なようだけど、少なくともああいう場では周りも堪えなきゃダメです。
だって、一番大変なのは本人なのに。真央選手は泣いたらバッシングされるんですから。
また、ああいうのが流れちゃうと、「また真央ばっかり」ということにも繋がりかねないんですね、うん。
しかし浅田真央選手はびっくりするほど綺麗になりましたねぇ。
オリンピックのころよりも、凄みが増しているようです。
メイクが合っていたのか、それとも環境や心境の変化がなせる業なのか。