スケートカナダが終わって…

なんとなく脱力です。
ショートの時点でなんとなく結果は見えていたのかもしれないのに、どこかそれを見ない振りしてたんでしょうかね。
織田選手がジャンプでミスしなければ勝てたという方もいらっしゃるでしょうが、わたしはそうは思いません。
フリーで(たとえ着氷に乱れがあったとしても)チャン選手の転倒の数が1つだけだったことで、織田選手が演技する前に結果は決まってしまったように思えます。

問題のPCSですが……。
なんですかね、これは。
フリーだけでもチャン選手の点数は織田選手やリッポン選手の点数を約10点上回っています。
ざっくり言えば、この3人がほぼ同程度の出来でフリーを演じた場合、チャン選手に勝つためにはショートプログラムで10点の貯金が必要だった、ってコトです。
ですが、この10点差は「永遠につかない10点差」ですよね。
チャン選手はショートで3度転倒しています。織田選手はミスなく演技を纏めていました。
しかも、織田選手はショートプログラムで特に得点を抑えられていたわけでもなかった。

ショートプログラムでのチャン選手の3つの転倒は、まずジャンプで2度。
(ちなみに上位10選手で転倒があったのはチャン選手だけ。転倒した11位、12位の選手も転倒は1度だけです。)
残りの1度はステップでの転倒です。
少なくとも転倒3度というのはPCSにも何らかの影響があって当然だと思うのですが、ジャッジの1人はチャン選手のSkating Skillsに【9.25】という驚くべき高得点を与えています。

9点台なんて、少なくとも「Skating Skills」なんかはクリーンな演技をした場合でなきゃ出しちゃいけない点数なのではないですか?
その人の持つ潜在能力に対する評価ではなく、その時々の演技に対して採点しなければ、競技なんて成り立ちません。
例えばボクシングでチャンピオンがカウンターを食らってダウンしたからといって、たとえそれが出会い頭であっても、そのダウン自体をなかったことにはできません。(もちろん、リカバリーは可能だけども。)それと同じでしょ?

それに振り付けや解釈に対する評価にしても……、あれ、ここまで高評価が得られるようなプログラムでしょうか?
これまでオペラ座の怪人っていろんな人が演じてきていますが、その中で比較してもチャン選手の解釈は屈指のものである、とジャッジは評価しているということなんですよね?
評価されているものって、好みは別としてどこかに惹きつけられるものがあったりするのですが、どうもそれに当てはまらないケースも最近は少なくないようですね。

こちらにプロトコルを貼ってみますので、じっくり見てみたい方はどうぞ。

男子シングルショートプログラム
男子シングルフリー

まぁ、織田選手に関しては内心、3Aでミスをしていてよかったかもしれない、なんて思ってます。こういう後ろ向きの考えはあまりよろしくはないでしょうけど。
いくらこの試合がチャン選手の地元だったとは言え、今回3Aがクリーンな状態で敗れていたら、わたしなら逆に立ち直れないかもしれない。気持ちの問題ですけれどね。
ただ、そのほかの点でフリーではいくつか取りこぼしもありましたし、今後の課題も分かっているでしょうから、次のスケートアメリカではそこのところを含めて頑張って欲しいですね。気持ちもきっと切り替えやすいはず。
緒戦ですし、決して悪い演技というわけではなかったですので。

レイノルズ選手は残念でしたね。
3Aが入っていたら良かったでしょうけど……。
でも、次に向けて光明は見えたと、そう思いたいです。
そして、ショートで2種類、フリーで3種類の4回転へのチャレンジは、ぜひ続けて欲しいです。
(ナショナルで決めちゃえ!)

一方の女子シングルは、アリッサ・シズニー選手の優勝は納得の優勝でした。
シズニー選手はジャンプにちょっとヒヤヒヤさせられましたが、スピンもスパイラルも本当に美しかったです。
最後のスピンで+2の評価のジャッジ、これはちょっと渋くないですか?
それとブルーの衣装、これは水なのかな?(違ってたらごめんなさい)
繊細で、本当に綺麗でした。

クセニア・マカロワ選手は初のグランプリシリーズで2位!
ショート、フリーともに3-3を入れて来たのが立派です。
やると思ってましたが、良くやった! なんだか嬉しいです。
ただ、PCSがシズニー選手に10点ほど差をつけられているので、……うーん……。
5点台をつけているジャッジがいるんですよね。もちろん、今後PCSは少しずつは上がっていくと思いますし、演技全体ももっと良いものができると思うので、楽しみではありますが。

5位になった今井遥選手、5位はすごく立派な成績だと思いますが、台乗りもあったと思うのは贔屓目ですかね?
フリーで Transition / Linking Footwork に4.75をつけたジャッジがいて、ちょっとこれは辛いなぁ、と。
(このジャッジは全体的に今井選手に辛くつけているようです。)
ただ、今井選手もこれから徐々に点数がアップしていくと思うので、次の試合(フランスでしたか)にも期待したいですね。
「韃靼人」はとても合っていると思いました。

こちらもプロトコルを貼っておきます。

女子シングルショートプログラム
女子シングルフリー

♪Now Playing/ Bad Romance – Lady Gaga

コメント

  1. sa より:

    はじめまして。

    チャンに9.25を付けたのは日本の城田憲子

    今井遥さんに4.75を付けたのはドイツのジャッジ

  2. 管理人 より:

    > saさん

    そうなのですか?
    それはどこで入手された情報ですか?