アジア大会 サッカー男女アベック優勝!

今大会はなかなか試合が見られなかったんですが、男子の決勝、終盤のみ見ることができました!
いやぁ、1-0で勝っている時のロスタイムのあのドキドキ感はたまりませんね。
前も書いたと思うけど、わたし1-0の試合が一番好きなんです。

しかし今回のチームは「3軍」なんて揶揄されたこともありましたが、なかなかどうして勝負強いではないですか。
UAE戦だって、あの決勝点、あれなかなか決められないですよ。
それに交代の枠を3つ残していてロスタイムに使い切るなんて、(結果論なのかもしれないけど)何この強かさは……と思っちゃいました。
確かにUAE戦、失点してもおかしくない場面もあったけど、結局大会が終わってみればイラン戦の1失点のみ。
ほぼA代表といえるメンバーを送り込んでいた国もあった中でのこの結果、急造チームだとはとても思えないです。
永井謙佑選手も得点王ということで、これもすごい。大学生ということでさらにびっくりだし、なんだかじわじわと嬉しくなっちゃいますね。

それと、中国というアウェイの地でこの結果というのにも痺れます。
でも、ここのところブーイングを受けながらの中国での試合、かなり勝率が良くないですか?
特に暴動が起きるなんてことがなければ、日本にとってはとても良い鍛錬の場になっているのかもしれないですね。
アジアでのアウェイは国によってもかなり環境が違うと思うけど、この中国での試合を経験している選手たちなら、たいていのことはクリアできるんじゃないかと思ってしまいます。
そういう意味で中国さん、日本チームの強化に協力してくれて、どうもありがとう(笑)

できることなら、なでしこもだけど、もう少し試合を見たかったです。
特に今大会の男子は一戦ごとに良くなっていった、なんて話を聞くと、やっぱりその過程を一緒に体験したかったな、なんて。
っていうか放送、してました? 昨日の試合はネットで見られたんですけど、BSでは放送していませんでしたよね?

今1年を振り返るのはちょっと早いのかもしれませんが、なんだか今年の代表には、ちょっとベタな展開で楽しませてもらうケースが多かったように思います。
わたしなんかはつい、自分のイメージする王道的なサッカーやら流麗なパスワークが見たいと思ってしまうけど、世界クラスではもちろん、アジアの中堅どころと戦う場合でも90分間攻め続けられるというわけではないですからねー。
高度な技術は絶対に必要だけど、そこにハートが伴ってないと意味が無いんだ、とか。
日本人の持つ敏捷性や勤勉なところ、周りとの調和を図るのが得意なところ。そんな性質って結構守備に活きるんだな、とか。
そういう、知っているようで、実はちょっと過小評価してた部分に気づかされた1年だったように思います。

これで「日本代表」の試合は年内は終了かな?
次は1月のアジアカップ。
この大会でも結果を出しつつ、日本のサッカーを模索して欲しいな、と思います!

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする