四大陸選手権の感想などを

昨日は久々に祝杯を挙げてしまいました!
四大陸選手権、男女シングル共にワンツー!
いやぁ、アメリカ勢がとてもいいメンバーを揃えてきていた中、素晴らしい結果だったと思ます。
そして何より嬉しいのは、その内容でした!

まずは男子ですが、高橋大輔選手! 優勝おめでとうございます!!
ジャンプやスピンなどが驚くほど修正されていて、本当にびっくりしました。
世界選手権に向けてすごくいい練習ができているんですね。コンディションも戻っているようで良かった! ひと安心です。
ショートのリプレイで「う~っ!」のときの顔がアップになっていましたが、高橋選手自身も「う~っ!」って一緒に言ってるんですね。
演じている本人があれだけ楽しんで滑っているのだから、見ている方もこんなに楽しくなっちゃうんでしょう。納得です。

こうなると、あとは4回転だけですね。
こだわりを持ってチャレンジし続けている分、なんとか世界選手権で跳ばせてあげたい、と思ってしまいます。

羽生結弦選手、ついに2位まで来ちゃいましたか!
今回の四大陸で4回転ジャンプをクリーンに決めた唯一の選手になりましたが、その4回転の素晴らしかったこと!
……プロトコルも見てみたら、4Tと3アクセルの加点がすごいことになっていました。
でもその加点も納得の出来映えでしたね。
フリーの最後、座り込んでいたけれど、最後まで頑張る!という根性も見せてくれ、ショート・フリー通じて名演だったのではと思います。

しかし羽生選手って、こないだまで小さかったのにねぇ……。
嬉しいやら悲しいやら。月日の経つのは本当に早いものです。

小塚崇彦選手は特にショートが残念でしたが、フリーでの巻き返しが流石でした。
ショートでの「コンビネーションを付けるのを忘れてた」発言にはちょっとびっくりしつつ(失礼ながら、案外天然か?)、世界選手権に向けていい厄落としになったのかも……?
ショートでジャンプがあんなに不安定だったのに、1日で修正できるものなんですねぇ。逆に頼もしさを感じました。
前に比べて動きが大きくなっていましたよね? 特にフリーはああいう感じの曲なので、よりスケールアップしたんじゃないでしょうか。
世界選手権に向けて、多分もう1段階進化したものを持ってくると思うので、その仕上がりが本当に楽しみです。

男子では個人的にリッポン選手が髪を切っていたのにびっくりしてしまいました。
リッポン選手のロミオとジュリエットに関しては、シーズンの初め頃、「これは剣より読書の方が好きな、天使のロミオだな」と思っていたんですが、シーズンが深まるにつれどんどん人間臭くなっていたように感じました(衣装を変えたせいもあったかもしれませんが)。
今シーズンはショート、フリー共にかなり狙った選曲だったので、来シーズンはどちらかに変化をつけると面白いかもしれませんね~。
ビートのあるものを品良く滑るというのもまたイケると思うので!

そして女子。
安藤美姫選手、2本ノーミスを揃えた演技での優勝、おめでとうございます!
マイナス要素が何もないし、フリーのステップの迫力、ラストのスピンまですさまじいものがありました。
優勝という結果もさることながら、PCSに対してやっとまともな評価が戻ってきたのが何より嬉しいです。
ショートを変えたのが、全て良い方向に向かいましたね!
前のショートもかなり好きだったんですが、安藤選手はやっぱりこういうしっとり系の曲+王道クラシックの組み合わせが一番ハマるような気がします。
心配なところを挙げるとすると、良い演技過ぎたというところかなぁ。贅沢な話だけど、これを世界選手権まで取っておいて欲しかった、なんてこともちらっと思ってしまいました。
でも、世界選手権でも今回に勝るとも劣らない演技をしてくれるものと思います。本当に良かったです!

浅田真央選手はもう、完全復活ですね!
わたしはジャンプその他諸々の修正に関してはもっと時間がかかるものと思っていたので、この時点でここまでの仕上がりというのはいい意味で裏切られました。素晴らしいとしか言いようがないです。
変更を加えたというフリー、全体の流れがスムーズになっているのに驚きました。
切なさと未来への期待が溢れ出すようなステップ&最後の3Loという以前の振り付けもとても良かったんですが、新しいバージョンでは最後にスパイラルを持ってくるなんて……。
まさに「夢」ですね。余韻の残る美しい夢、です。
スパイラルにこういう表現があるとは思いもよらなかったので、衝撃を受けました。
今回、小さなミスがいくつかあってのこの得点ですので、世界選手権で200点超えがあっても驚きません。いやぁ、流石です。

鈴木明子選手はとても残念でした。
多分コンディションだったり、ほんのちょっとの調整だったりするのだと思うんですが、ジャンプが少し合ってなかったようで……。
それでもステップは見ごたえ十分でとてもいい評価をもらっていましたね。本人比では、もっとできた!というところでしょうが……。
EXでの妖艶さとは別人と思えるほどのフリーでの可憐さも、鈴木選手ならではだなぁ、と思いました。ちなみに、個人的には髪のリボンが結構ツボでした。
今シーズンはこの四大陸で一区切りなので、ここで一旦リセットですね。また気持ちを新たに、素敵なプログラムを見せて欲しいです。来シーズンも鈴木選手のステップで盛り上がりたいですね!

長洲未来選手、インタビューで彼女が言っていたように、本当に東京で未来選手の演技が見たかったです。
世界選手権に出場していたら、日本勢にとっては間違いなく最大のライバル、金メダル候補になっていたでしょうに。
SAYURI、素晴らしかったです。前半の細やかな表現も、終盤の凛とした表現も。
それに、今シーズンの前半は怪我で大変だったようなのに、細かく減点されていたジャンプの回転不足をきっちり修正してきているんですよね。
努力が今回、世界選手権に結びつかなかったのは残念でしたが、来シーズンまた一回り大きくなって日本の選手たちとの気持ちの良い競い合いが見られそうで、それを楽しみに待ちたいと思います。

四大陸選手権、大会を通じて、いい選手が集まり、いい大会だったなぁと思います。
J sports では普段なかなか見られない選手の演技も見られて、とても新鮮でした。
できればアイスダンスやペアも生で放送して欲しかったかな。なかなか難しいのかもしれませんが、来年はぜひとも!