サンプドリアvsインテル

長友選手、右サイドでフル出場でしたね!
スナイデルの先制FKの呼び水となったパスを出したのが長友選手だったので、「こりゃぁまた『先制点の起点となった』とか書かれるぞ~」とニヤニヤしながら各紙記事をチェックしたのですが、どこもスルーで拍子抜け。
(あれ、わたし見間違えちゃったか?)
でも後半のあの場面、インテルは右に限らずサイドをあまり使っていなかったので、いい時間帯にいいタイミングでパスが来て、長友選手も悪くないパスを出しましたよね。

長友選手の右サイド、まずまずだったのではないでしょうか。
立ち上がり早々、2本ほど良いクロスがあり。その後はなかなか効果的な攻撃には繋がっていませんでしたが、むしろあまりボールが回ってこなくなった後半に、また2本ほど早めのクロスに可能性を感じさせるものがあったように思えます。
サンプドリアのホームでしたが、相手がどんどん来るような戦い方ではなかったので、パスを受けた後困るような場面もなかったし、守備でちょっとドキッとしたのは2回くらいだったか……?
インテルで初めての右に入りましたが、特に問題もなく、安心して見ていられましたよ。
(可能であれば以前の長友選手の右サイドのプレーと比較してみたいと思いました。映像、あるかな?)

次節はマイコン選手も戻ってきますし、どういう形での出番があるんでしょうか。
1戦ごとに「らしさ」を発揮できるようになってきているところなので、できればそろそろハッキリわかるカタチ……アシストとか……欲しいですよねぇ。
いい形で出番が回ってきたらいいな、と思います。頑張れ、長友!!!

それにしてもインテルへの移籍以来、ベンチで出番ナシ→途中出場→もう少し長い途中出場→先発途中交代→先発フル出場→右で出場と、機会のなかった初めてのチャンピオンズリーグを途中に挟んで実にいろんなパターンの試合を経験していますね。
こんな早い段階に、右でも問題なくやれます、っていうところを見せられたのは良かったのでは。
中継の中でコッパ・イタリアの話が出ていて「うわ、それもあったか!」と思ったのですが、チャンピオンズリーグ次第ではまだまだ厳しい日程が続くことになります。
イコール、長友選手的には思ったよりもたくさんチャンスがあるということなので。そのうちMFとして試されても不思議じゃなかったり……??

最後に、ダメ押しとなったエトー選手のゴールについて。
……いやぁ、惚れる……///
スナイデル選手のFKのコースにも痺れましたが、エトー選手のあのシュートには魂持っていかれました。
エトーのプレーは深いわぁ……。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする