小塚選手、銀!~フィギュアスケート世界選手権男子フリー

いろいろ感動したっ!。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

まずは小塚選手、銀メダルおめでとうと言わせてください!
本当に素晴らしい演技でした!
フリーの演技は、わたしは小塚選手が一番だったと思います!

今シーズンの小塚選手のフリー、王道を行く清清しいプログラムでとても好きだったのですが、本人のあの演技によって「名作」と呼べるものになったのではないでしょうか!
4回転を含めたジャンプの質、スピン、ステップ、曲の表現。
何度もリピートしたくなるくらい、どれをとってもすごく、すごく良かったです。
スコアを見てもTESではチャン選手より上だったわけで、結果はPCSの差が大きかった!ということになるのだけど、点数より何より。あの演技がリアルタイムで見られて、本当に幸せでした。

そしてアクシデントもあり、惜しくもメダルには届きませんでしたが高橋選手!
なんだかすごい感動をもらってしまいました。
思いを込めたステップも、ミスはあったけれどジャンプも、見ていて胸が詰まりました。
本人はきっとガッカリしていると思いますが、だからこそ演技後に飛び出したという「現役続行宣言」。
もちろん、今回の世界選手権で満足できる滑りができていたらそれが一番だったんでしょうけど、今回のアクシデントは「キミはまだ辞めちゃいかんよ」という神様の声だったのかもしれない、なんて考えが頭をよぎってしまいました。
けど……ネジがゆるむ(?)なんてことがあんな舞台で起こるのかな。なんだか怖いです。

織田選手は、残念だったとしか言いようがないですね。
「まさか」と思ったのですけどね。最初の4トゥが3回転になってしまったケースのリカバリーを考えて来なかったのか、考えていてもその場では頭が真っ白になってしまうものなのか……。
今言っても仕方のないことなのかもしれないけど、最初の3トゥ-3トゥが単独か、または次の3アクセルのコンボのセカンドを2トゥで留めていれば銅メダルに届いていた計算になります。
一番悔しいのは織田選手自身でしょうが、出来自体がすごく良かっただけに、見ている側としてはなんとも歯痒いです。

……それにしても織田選手、高橋選手と立て続けに起こったトラブルの中、小塚選手はよくやり切ったと思います。
ちょっと大げさかもしれないけど、黒い雲に覆われた日本の上空に、ぱっと光が差したような……。
フィギュアスケートは個人競技だから違うと言われそうだけれど、「3本の矢」なんて言葉がちらっと頭をかすめてみたり。
いや~、泣いたり笑ったり。ホントに疲れました。

で、あんなことが起こりながら、終わってみれば高橋選手も織田選手も5位と6位ですからね。
これなら3人の順位を合わせても、3枠取れちゃいます。何だかんだ言って結構すごいです、日本男子。
あー、でも複雑だなぁ。普通にメダル2コは行けてたかと思うと……。

○ ● ○ ● ○ ● ○ ● 

優勝したパトリック・チャン選手の演技はとても良かったんじゃないでしょうか。
「オペラ座の怪人」は、この曲をわざわざ選ぶにはちょっと薄味かもしれないけど、今シーズンのグランプリファイナルあたりから「これもありかなぁ……?」などと考えています。

ただ、やっぱりPCSは出過ぎなんじゃないかとわたしは思います。10点満点はノーミスの演技にこそふさわしい。
毎年ルールはちょこちょこ変わってますが、それ以上に変化しているのがPCSの基準。正直、全然ついて行けません。
各要素で0.1ポイントを競わせるくせに、PCSはあまりにざっくりとしすぎてて(ましてや0.25点刻みだし)、そっちの方も意味不明。
いろんなスポーツが見る側を意識して「できるだけわかりやすく」という方向でルール改正を行ったりするけど、フィギュアスケートは完全に逆行しちゃってる気がします。
大衆に阿ることばかりが正義ではないけれど、……フィギュアスケートはこれで本当にいいのかな? 大丈夫なのかな?

ルールのことと言えば、アモディオ選手のボーカル入り音楽にはびっくりしましたよ……。
なぜか減点もされてないし。いつからボーカル入りがOKになったの?
気になってアモディオ選手の演技に集中できませんでした。