ぐだぐだ予想:フィギュアスケート男子シングル編

「ブログネタ」でオリンピック関連のお題があったので、それを書こうと思ってたんですが、今見たら締め切られちゃってるみたいですね。
……って当日なんてさすがに遅すぎたか。
やっぱり思い立ったらすぐに行動しなきゃダメですね~。

さてフィギュアスケート。

日本勢で注目となればシングルということになりますが、まずは男子が先陣を切ることになります。

期待は高橋大輔選手……なんだけど、練習を見た感じ、4回転は回転が足りてない……。
難しいねぇ。昨シーズンまでだったら4回転を回避しても金メダルが狙える状況だったんだろうけど、プルシェンコ選手の復帰でこのオリンピックはちょっと風向きが変わりましたので。
そうなると……。

うーん、厳しいです。
博打的に4回転が決まったとしても、おそらく体力的に相当厳しいのではないかと。
あれだけ頑張ってきた大ちゃん選手にはメダル取ってほしいですけどね。
特に今シーズンのSPはホントに好きなので。

4回転を回避しないという前提の下、たとえコケても、回りきってコケられるかがカギになるかと思います。
台乗りしたら号泣する自信があります。

クリーンな4回転を決められる確率が高いのは殿(織田選手)だと思うんですが、今シーズン、ほとんどトライして来てないのが気になります。
このあたり、モロゾフの戦略はどうなの?と思うけど(これは美姫選手にも言えるんだよな)。

決まったら加点がもらえる4回転コンビネーション、十分に跳べますし、彼の場合はその他の3回転ジャンプの着氷に心配が無いという強みがあります。
なので織田選手のカギはSPをのびのび滑ること、4回転投入であれば、回り切ること。
そしてフリーの後半の3-3-2のコンビネーションをしっかり決めること。
あと、ジャンプの計算を間違えないことでしょうか。汗
スケールの大きな演技を期待したいです。

小塚選手はSP、FSともすごく気持ちのいいプログラムで、イーグル友の会会員としても胸の踊るところです。
……が、今シーズンはなかなかノーミスできてないのと(あーもうっ!)、去年に比べて全体的に点が抑えられているのが気にかかります。

4回転の確率が低いので、どうするのか……。
はずしてしまうのが正しい戦略なのかもしれないけど、4がないともっと下げられてしまうかも。
4回転を入れるのなら、何が何でもクリーンに降りるという意気込みで臨んでほしいです。

……ということで、順位大胆予想!

「金」エフゲニー・プルシェンコ
「銀」ジェレミー・アボット
「銅」?

ああ、ごめんなさい、ごめんなさい。なんて卑怯な予想!
「銅」で相当迷ってしまった……。
日本人なら、ファンなら黙って「高橋大輔」と書いとけ!と言われそうですが、PCSがどの程度出るのか不透明な気もして……。

実は「ステファン・ランビエール」と入れた状態で15分ほど唸ってたんですが、彼はトリプルアクセル、どうするんでしょう?
ヨーロッパ選手権では抜いてたと思うんだけど、オリンピックの舞台でトリプルアクセルなしで台乗りというのは……。
かといって、トリプルアクセルを成功するイメージをどうにも描けない(ごめんなさい!)

心情的には「ブライアン・ジュベール」とも書きたいけど、彼もどうもやらかしてしまうような気が。
(ああ、これも本当にごめんなさい!)

ただ、ヨーロッパ勢に関しては本人の出来以外にもちょっと気になることがあります。
「金」はよっぽどのことが無い限りカタいと思うのですが、ここにきて審判の審判のスキャンダルが持ち上がったりしましたよね。
今回舞台も北米ですし、ヨーロッパ勢には普通に厳しい採点になるような気もして、ここらあたりがちょっと心配なところでもあります。
日本にもファンが多いベルネル選手は、……どうでしょうねぇ。いい演技をしてほしいけどなぁ……。

「銀」のアボット選手はファンだから……じゃなくて、やっぱり4回転の破壊力がパネェです。
プログラムも、最初は「地味かな~」と思ってたんですが、見慣れてくると悪くないんですよねぇ。
ツイッター見てても何か突き抜けてるような感じがするので、銀と予想してみました。

アボット選手でなければ銀か銅にライサチェク選手が来そうな予感がします。
ただ、ライサ選手の場合もトリプルアクセルが微妙。
彼は4回転をどうするかわかりませんが、回避してアクセル認定されれば銀と銅はアメリカ勢がさらっていくかもしれませんね。

同じアメリカ勢のジョニー・ウィアー選手は、今シーズン、イマイチ点が出てないですね。
すごく良いプログラムなのに、謎。
芸術を解さなくてもジャッジになれちゃうというのが困りモノです。
個人的にはアメリカ勢3人の中ではSP、FSともダントツで好きなプロなんですけどねぇ……。
クリーンな演技で会場を沸かせても、表彰台に届く得点がいきなり出るのかな?ということで外しました。

地元のパトリック・チャン選手は上げ上げ採点で、4回転ナシ、トリプルアクセルも1転倒までなら台乗りあるかもしれません。
でも、心情的に「それはあかんやろ」と思ってますのでスッパリ外しました。
彼はスケーティングは綺麗ですが、もう少し「色」が欲しい気がします。
どうもナーバスになっているような言動もあるようですし、彼はトリプルアクセル、SPとFSとで3回決めるのは難しいんじゃないでしょうか。

……てなわけで、ぐだぐだと予想してみましたが、これだけでは何なので、期待を込めて「銅」は「高橋大輔」と予想することにします。
4回転がクリーンに入るとすれば、「銀」もアリと言ってみます。

しかし、フリーの最終グループに日本人3人とも入る可能性があるわけで、これもすごいことですよねー。
だれもが納得の良い演技ができるよう、祈りましょう!

コメント

  1. 普通に一緒にいきましょうののかです。 より:

    オリンピック楽しみですね。
    私もフィギュア大好きです。私は小塚くんのファンです。でも今回は高橋くんには特に楽しんで滑って欲しいです。私も「殿」使わせてもらいます。

  2. 管理人 より:

    >普通に一緒にいきましょうののかです。さん

    小塚くんのファンですか!
    今シーズンはギターサウンドがあんなにマッチすると思ってませんでした。
    SPもFSもいいですよね!

    日本の選手も外国の選手も、練習してきたことが存分に氷の上で出せるオリンピックであって欲しいですね。