エキシも終わりましたね

エキジビション(以下EX)見ましたが、津波警報……
まあ、こればっかりは自然のものなので仕方がないんですが、なんだかさらっと終わってしまってちょっと残念でした。

そんな中で美姫ちゃんのモツレク!
いや~ん、素敵でした!
独特の空気感があって、ホント、良いプログラムですね~。
EXをSPにした気持ちはわかる気がします(夜の女王も見たかったですが……)

最近のプログラムとしては去年のSPの「Chairman’s Waltz」が好きなんですが、今年のこれも良いんだよなぁ。

来期以降のリクエストですが、美姫ちゃんにはぜひSHAKIRAで滑って欲しいです。
絶対合うと思います!

話をEXに戻しますが、前後半ではなんとなく前半の方が盛り上がっちゃってましたね。
演出やカメラワークがちょっと残念でした。
スケーターよりも歌手をアップにしたりってのはちょっとね……

しかし、これで終わってしまいましたね。

すぐに世界選手権が控えているので選手たちはたいへんですが、閉会式は楽しんで欲しいなぁ。
カナダのおいしい食べ物って何かありましたっけ?

コメント

  1. マドンナ より:

    とうとう終わりますね。
    昨日からの引き続きになるので昨日のコメの続きに書くべきか、同じテーマなので最新のブログにコメするかたまに迷うのですがどっちがいいのでしょうか・・・?(^^;
    とりあえずEXのこともお話したいのでこちらに・・・。

    てっきり8位入賞辺りまで、と勘違いしておりましたが5位入賞者までだったんですね。
    プル様相変わらず派手で楽しかったです。
    倒れた!!素敵!とTVの前でニヤけてしまいました。

    安藤選手はリンク内が静謐な空気一杯と言う感じがしましたし浅田選手はまさに社交界デビューしたばかりの、少女の面影を残す淑女な雰囲気で良かったです。

    小塚氏のご意見ですが、コラム以外はその部分のみの発言内容なのでどういう流れでその発言になったのか、が読み取れませんでした。
    おいそれと個人の意見を率直に公にできない立場にいらっしゃるのか、とも思うのですが、逆にそのお立場ならばおかしいものはおかしいとしつこくストレートに主張してくれなければ、表立っては「もっと頑張ります」「努力します」と言い続けるしかない日本の選手を、一体じゃあ誰が守るのでしょう。

    しかしながら五輪も終わりであって、今頃言っても既に何もかもが遅くソチで同じ思いを選手にさせない為に今からスケ連は万全の体制をとるべきだと思います。何より選手のメンタルに悪い影響を及ぼさないようにして欲しいです。

    ・・・話は変わりますけどスケ連と言う言葉でスケートが連想できないのは私だけでしょうか。何かもうスケバンしか浮かんでこない・・・。

  2. 管理人 より:

    >マドンナさん

    コメント欄ですが、どの記事にコメントいただいても内側からは問題なくわかるようにはなっています。
    なので、どこに書いてもらっても大丈夫なんですが、新しいところに書いてもらったらわかりやすいかもしれません。

    いただいたコメントの中で、「メンタルへの悪い影響」というところにドキッとしてしまいました。
    自分が同じ状況に立たされたらどうだろう、と考えたんですが、例えばわたしが帰国してきて、今回の記事を読んだとしたら、スケート辞めてしまうかも知れません。
    マスコミが勝手に書き立てているものも傷つきますが、このコメントが「たかちゃんのお父さん」のものだと知ったら、裏切られた、自分を否定された、誰もわたしのことを理解してくれない、と感じてしまうでしょうね。
    リンクに戻ってもモチベーションは上がらないと思います。

    小塚氏の発言の前後がわからないということなので、良いほうに解釈すれば身内意識からの発言だったかもしれません。でも、言われたほうはどう感じるでしょう。
    健闘を讃えるだけが全てではないかもしれませんが、銀メダルが全て真央選手の落ち度である的な発言は、どうかと思います。

    >おかしいものはおかしいとしつこくストレートに主張してくれなければ

    全く同感です。どうして言えないんでしょう?
    発言することで何か小塚くんに悪影響でもあるんでしょうか?
    もしそうなら、それこそおかしなことだと思いますが……。

    スケ連のサポートって期待できるんでしょうか?
    時々選手の足を引っ張っているかのような発言も見かけられますし、所詮は自分が被害をこうむっているわけではないので、放置なんじゃないでしょうか。
    むしろ「スケバン」の方がしっかりしてて頼りにもなるんじゃないかと思ってしまいますよ。

    真央ちゃんが「プロに転向したい」と発言したときのあわてた顔を見てみたいという意地悪な考えすら浮かんできます。