巨大なマイクロ

先週、「そろそろ携帯用のメモリーカードが欲しいな」ってことで、某家電量販店に出かけました。
購入してしばらく放置、今朝になって思い出して袋を開けてみると……

SDカード

「SDカード」?!
「マイクロ」じゃなくて?!
なんでこれが入ってるの??

思い出してみると、そのお店ってブツそのものをレジに持って行くんじゃなくて、陳列棚に商品カードが置いてあって、それをレジで渡して現物と引き換えてもらうっていう形式なんですね。
なので、渡したカードが間違っていたか、それか店員さんが間違えたか……。

レシート、捨てちゃいましたよ。なにせ1週間以上前のことになるんだもん。
1週間以上放置してたわたしもバカですが、あれってレジで商品を確認しませんよね。
だから起こり得る間違い。……あー、ショックぅ……。

さっき近くで購入しなおしてきました。
とんだ出費です。

マイクロSDカード

写真(も頭も)ボケててすみません。
まあ、カードリーダーも一緒に買ってたんで、SDメモリーカードの方も使えますけどね。
一瞬、「こんな大きなのが携帯に入るのか?」と考えてしまいましたよ。
まったくもう……。

それにしても2GBのモノが900円かそこらで買えちゃうってのもすごい時代ですよね。
わたしが初めて買ったMacは、ハードディスクの容量が1GBでした。
それでもまあまあの容量だったんです、当時は。同タイプで一番出回ってた機種のハードディスクは800MBでしたから。

Windowsユーザーって今でも普通にフロッピー使ってたりするから、いろんな意味でギャップが面白いですね。

♪ Marco Polo – Loreena McKennitt

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする

コメント

  1. デビルマイティーチュー より:

    Σ( ̄◇ ̄*)エェッ

    2GBのSDカードが900円?

    安いですねぇ~!

    そのうち100均一のお店にSDカードが陳列する日が来るかもしれないですね!(笑)

    ( ´艸`)プププ♪

    デビより

  2. 管理人 より:

    >デビルマイティーチューさん

    やっぱり900円って安い方なんですか!何せ今回初めて買ったので…。
    数量限定のチラシ掲載商品でした♪

    100円のカードなんてすぐ壊れちゃいそう。
    壊れたらめちゃめちゃショックですよねぇ( ̄_ ̄ i)