キムヨナ選手発言~妨害はあったのか?

3月23日からフィギュアスケートの世界選手権が始まりますね。
その直前、キムヨナ選手の発言が物議を醸しました。
コトの顛末はもうあちらこちらで報道されているけれど、「こんな選手だとは思わなかったのでがっかりした」と言われている方が多いのにびっくり。
フィギュアスケートファンにはキムヨナ選手と言えば数々の、なんと言うか……黒い発言が有名で、「あ~、そんなに好感を持ってた人が多かったのか」と今回改めて考えさせられました。
自分が出場している試合というわけでもないのに「マオ転べ!と願った」とか、こういうことが一般の人の目に触れやすい紙面で報道されたのって、確かに初めてかも知れません。

うーむ、しかしやっちまったな、ヨナ選手。
フィギュアスケートを放送している局なんて、あれだけイメージアップ大作戦を展開してたのに、一瞬にしてその努力も水の泡。
最初から無理矢理なアイドル路線で売り出すよりは、普通にヒール路線で売り出してた方が遥かにダメージが少なかったのにね。

もともとは国内向けの発言で、優勝できなかったときのための保険をかけたつもりだったんでしょう。
グランプリシリーズの中国杯でエッジエラーを取られたとき、マスコミを使ってわたしは悪くないキャンペーンを行ったのと同じ理屈なのかもしれないですね。
前回よっぽどうまくいったんだろうなぁ。黒幕はステージママ(リンクママ?)の、彼女のお母さんでしょうか?

そして、またもや今回も槍玉に挙がったのは日本人選手。
お隣さんは日本人を叩くとそれだけで人気が出るからなぁ……。もしかしたらヨナ選手、CM女王と持ち上げられながらも、お国では微妙な立場なのかもしれません。

めずらしく日本スケート連盟が公式にコメントを発表して調査を求めたということなので、この際日本人選手が意図的に妨害したのかしなかったのか、ハッキリさせて欲しいものです。
問題となった四大陸選手権を始め、公式練習を客席から映した映像もいくつか見ましたが、ヨナ選手も文句があるのなら堂々とISUに訴えるなり、調査を求めるなりしたらいいんじゃないですかね? もちろん外部の第三者機関でもいいし。
今になって「日本人とは言ってない」とか、もうアホかと。浅田さん、安藤さん、中野さんにまるで犯罪者のごとくモザイク映像を出したのはどこの放送局でしょう。

それにしてもマスコミやファンって怖いね。
韓国SBSで放送されたものや韓国人ファンがYouTubeに上げている「妨害動画」、前後の部分数秒だけを切り取り、しかも音声を消してある(わざわざ他の音声をかぶせているものもあるらしい)。
問題としている場面が実は「日本人選手が曲をかけて通し練習をしているところ」だとわかったらまずい、という自覚があるということなんでしょうか。
ヨナ選手がジャンプに入ろうとするたびに邪魔された、というんだけど浅田真央さんのケースに限ればトリプルアクセルを飛ぼうとしているところに入ってきているのはヨナ選手。韓国で放送された映像では浅田さんにモザイクがかけてあって、そうとわからないように処理してあるけどね。
どの場面も別角度から映している動画があるし、音を消したり切り貼りしたりしたところで、とてもだまし通せるものじゃありません。
こんなことをやっていたら、むしろ後々墓穴を掘ることにもなりかねない。ヨナ選手にとってもむしろありがた迷惑と思うんだけどねぇ?

エアコンは結局室外機が壊れていましたよ。
電器屋さんに修理に来てもらわないとダメなようです……。
それにしても絶対祟られてるわ。ここまで次々おかしなことが起こるなんて、絶対に、ヘン。

♪ レプリカーレ – 志方あきこ

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする