俊輔 in セルティック

中村俊輔のセルティックデビュー戦を見ました。

⇒【記事】大衆各紙が中村を絶賛 セルティックでデビュー
⇒【記事】俊輔、最高デビューに絶賛の嵐「東洋の魔術師」

「東洋のなんたら」ってタイトルが、あまりに陳腐な件は置いておくとして。(笑)

全体的に、まずまずの出来だったように思いました。
正直、MOMという評価はちょっと甘めで、気恥ずかしく感じるけど。
まぁ、そこはご祝儀と言うところで。
ただ実際のところ、「ナカムラってこんな選手」というのをセルティックサポーターにお披露目するには十分だったんじゃないでしょうか。

きっと、開始早々の挨拶代わりのヘディングシュートや、キーパーに弾かれてしまったFKが決まっていれば、もっと衝撃的だったんでしょう。
でも、それらとは別の部分の俊輔のプレイを、観客は堪能してくれたみたいですね。

わたし自身、「スコットランドリーグ」としてのセルティックを見るのは初めてのこと。
当然ながら、観客が好むプレイがセリエAとカナリ違ってて、中村俊輔という媒体を介してそれを体験するのは、新鮮でした。
いいプレイにはすごく敏感に拍手が来るし、声援は温かいし、ピッチ状態はいいし。
ホントにこの移籍は、正解だったなぁ、と。
もちろん、今はまだスタートラインに立ったばかりではあるけど。

レッジーナでの初登場には、歌で迎えてくれたサポーターたち。
セルティックでは、スタンディングオベーション。
新しいシーズンが、また始まりました!

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする