ウォーキングの効果を熱く語る。


完全に夏バテしてしまった……。
体の中に熱がこもる感じと言ったらいいのでしょうか?
水や保冷剤で体を冷やすのだけど、手のひらから腕、足の裏に至るまでの熱さは尋常じゃありません。
冬は異常に冷えるので、よく「変温動物」と呼ばれるのですが、とにかく体がだるくて集中もできないために、仕事に支障が出てしまいました。
昼間仕事が捗らず、夜慌てる→睡眠時間が減る→なおさら夏バテの悪循環。
しかも、何とか体を冷やしたくて立て続けにアイスを食べたものだから、ますます調子が狂ってしまいました。
うーむ、早く涼しくなってほしいぞ。

台風が来るのはあまりよろしくはないけれど、秋を運んできてくれるのなら、その点だけは歓迎。
また涼しくなったらウォーキングも再開したいです。
どうもウォーキングを開始する前の体調に戻ってしまった感があるので、またイチから……でしょうかね。

「前の体調に戻った」というのは、ウォーキングしてた間は実は頭痛がかなり抑えられていたのです。
2~3日に1度は頭痛薬を飲むような生活をしてたのですが、ウォーキングを続けていた間は頭痛がほとんど起こらず、薬を飲むのも1~2週間に1度くらいでした。
それがこの2週間くらいは時折頭痛が出ちゃってるのですよね。前ほどではないのですけど。

思えばウォーキングを始めて、体調には劇的な変化がありました。
一番わかりやすいのは、ウォーキングを始めてから鼻血が出なくなったこと。
以前は……というかこの2年くらいなんですが、寝不足が続くと鼻血が頻繁に出たりしてました。
それが、ウォーキングを始めてから1度も出てないんですよね。

それと、動悸がぱたぱたするのもなくなりました。
なのでこの間、そっち系の薬もほとんど飲まずに済んでたんです。
過呼吸になることもゼロだったので、たとえ歩き疲れとか足の痛みが起こっても、そりゃあ精神的に楽でしたよ。
本当に体調が悪いときって、「明日の朝、ちゃんと目覚められるのかな」なんて思いながら寝たりしてたので、そういう不安がなくなったのは大きかったです。
あと頭痛薬を飲まないからかもしれないけど、胃薬もほとんど飲んでなかったですね、この間。

全く別の側面になるけども、わたしの仕事はオンとオフがきわめて区別しにくいので(過ごす場所が同じですからね)、環境を変えられるというのも大きかったかもしれない。
煮詰まってくると3日くらい一歩も外に出ない(太陽を見ない)なんてのもザラなので。
……なんていう感じで、ウォーキングが三日坊主にならずに続いてたのは、まぁざっと挙げてもこれくらいの理由があったわけなんですね。半ば強迫観念的なものもあったのかもしれないけど。

そんなこんなで、ウォーキングをやめたい理由がひとつもないです。
ぶっちゃけ、足の痛みが出なくて、仕事に問題がないのなら毎日でもやりたいくらい。
正直、自分にウォーキングがこれほど合うとは思ってもみませんでした。
それだけに、8月に目標から遠ざかってしまったのはホント残念。
気温が下がって、それこそ「スポーツの秋」っていう気候になるのが今はひたすら楽しみですね~。
これからもライフワークとして、ウォーキング(+どこかまで歩いていく企画)、続けられる限り続けていこうと思ってます。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする

コメント

  1. すずしろ より:

    私はメンテナンスも人任せです。自分でも軽くからだを動かしたり、リンパマッサージをしますが、しんどいとパスしてしまいます。

  2. カイラ より:

    > すずしろさん

    いや~、人任せの方がいいこともありますよ。
    自己流って間違うことも多いのです。だから足も痛くなったんだろうし…。

    リンパマッサージは興味あります!足がよくむくむんです。
    難しくはないんでしょうか?

    わたしもしんどいとパスです。
    8月はとことん休んだおかげで、ちょっと肩の力が抜けました。
    結局のところは自分のペースで、が一番いいんじゃないでしょうか?

  3. すずしろ より:

    どうなんでしょう。本やDVD(ついてるの)を観ながらです。オイルやジェルがあればいいのですが、私はお風呂で石鹸の付いた状態で少しします。よく滑って楽です。

  4. カイラ より:

    > すずしろさん

    ありがとうございます。
    なるほど!お風呂で石鹸を使って…ということなら敷居が低いですね。
    前に雑誌か何かで見たのはクリームか何か?を使っていたようで、そのクリームがやたらと高かったように記憶してました。
    なので、そういうのがないとできないのかなと思ってました。
    今度そういう特集をしている雑誌を見つけたら買ってみようかな??