月よりの帰還

いや~、昨日からちょっと体調を崩してしまって参りました。
幸い仕事のほうはチェックして納品するだけという形になっていたので、余裕を持って臨んで無事納品。今日はゆっくりしつつパソコンの調整などをしていました。
しばらくエアコンを結構我慢してたのでそのせいもあったかも……。昨夜は寝ててもすごい汗をかいてしまって…。
それほど高温じゃなくても熱中症になったりすることもあるそうなので、まだまだ侮れません。みなさんも体調のほうはぜひお気をつけくださいませね。

さてさて、パソコンを替えて2日目。
まだ書類の整理のほうが半端なんですが、そこそこ使えるようになってきました。
ちょっとおもしろかったのはアメーバピグなんだけど、

アメーバゆるキャラ

こんなゆるキャラがいるんです。
で、毎日くじをひくのだけど、当たったときに「あ~た~り~で~ご~ざ~い~ま~す~」という感じの文字が出るんですね。
わたし「さすがゆるキャラ。当たったときのテンポの演出もなかなかのモノだし、まったりするわね~」と思ってたんですが、パソコンを替えたら「あたりでございます」とさくっと文字が表示されました。
どうもまったりしていたのはピグではなくて、わたしのパソコンのほうだったようです。

作物を収穫するときもそんな感じでした。
植えていた場所から離れたところにいると、頭のカゴめがけて作物が飛んでくるんですが、今までは月面にいるかのようにほわ~ん、ほわ~んと飛んできてたんです。
ところがパソコンを替えたら、あ~ら不思議! 頭のカゴめがけてイチゴやらトマトやらがびゅんびゅん飛んでくるではありませんか! 何ということでしょう!
このゲーム全然まったりしてないやん! 多分自分が収穫してたら今ごろ頭がイチゴまみれです。
ああ、収穫するのがピグでよかった!!

そんなこんなで。決して最新の機種ではないのですが、少しは世の中の流れに追いつけたような気がします。
iTunesも今までは実用性に乏しいソフトだったのですが、新しいパソコンにインストールしたら普通に動きました!
音質も悪くないし、これで聴いてる曲がtwitterにも表示されるようになったし、ちょっと楽しみが増えた気がします。

(すみません、下の「続き」はきわめて個人的なことです。
ネガティブモードに若干入っているので、苦手な方はスルーしてください。)

 

(続きです。)

今日は昔好きだった音楽を聴きながら、ちょっとしんみりすることがありました。
春から夏にかけていろんなことがあって、それがひとつひとつ片付いていく過程で複雑な思いもしたけれど、最後自分の手の中に残ったのは何だったろうかな、なんて考えたりもしました。

記憶というものはとても不確かなものだし、人間なんて本当に不安定な生き物だから、できればその時々に抱いた思いはオープンな形で残しておきたいのだけどね……。

こんな匿名のカタチでも、素直な心情を吐露するのはとても難しい……。

時々、何が正しくて、どうやったら正解なのかわからなくて辛くなります。
残してはいけない思いをさくっと切る勇気を、誰かわたしにください。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする

コメント

  1. ジョコンダ より:

    カイラさんが、どういう事に対してそう思うのかは私は知らないけれど、
    自分自身が行ったことに対し果たしてこれが正解だったのか、は私も見つけられたことは無いです。
    だから「他人だったら違う結果になったろうけど、自分だったら何度やり直しても同じだ」って思うことにしています。開き直りとも言うけど。
    ゲームだと自分には思いもよらない選択肢を選んでTRUE ENDルートに行くけど、現実だと自分にそぐわない行動は取らないので同じ通常ENDルートにしか行けないのよね~~、と言う感じでしょうか。
    それと、
    >残してはいけない思いをさくっと切る勇気
    私だったら「さくっと」は諦めてただひたすら毎日を無事に終えて時が過ぎるのを静かに待つ感じにします。気づいたら思い出す回数もだんだん減っていくから。
    さくっとはさすがに難しい。すみません、勇気をあげるんじゃなくて。

    そういえばカイラさんの下のつぶやきを見て昨日似たような状況になっていたのを思い出しました。
    こっちは悪くないのに逆切れ。
    相手はもう最初から戦闘状態でやって来ました。
    言いたくないけどこっちは「お客」ーーー!その発言はアリなのか!
    思い出したらまたハラ立ってきたわ~~w

  2. カイラ より:

    > ジョコンダさん

    コメント、どうもありがとうございます。最初読んでからさっきまで何度も反芻しました。

    > 自分だったら何度やり直しても同じだ

    そうか…、選択肢が5個あっても、すべてが20%の確率ではないんですね。
    「もしまた同じことが起こって、なにを選ぶか」でもいいし、「別次元のわたしが同じ場面に直面して」でもいいし、でも結局は同じことに躓き、こだわり、最終的には同じことをするのかもしれない。
    「もっといいやり方があったかもしれない」と考えるのでくよくよしてしまうんですが、ひとつも間違えずに道を辿ってTRUE ENDって、確かにわたしはやらないと思う。(できない、というより。)
    間違っているかもしれないと思いながら、そちらを選んでしまうこともあるんだと思う。
    このことがわかっただけでも、先日の記事を書いた甲斐がありました。ありがとうございます。

    > 気づいたら思い出す回数もだんだん

    そうかも。昨日今日始まった話じゃないのに、今すぐっていうのは無理ですよね。
    こればかりは時が解決してくれることなのかも。
    これから先も、もしかしたら嵐に遭遇してしまうのかもしれないけど…少々弱い考え方だけど、今はひたすら自分を守ることを優先してみようかな…。

    > すみません、勇気をあげるんじゃなくて。

    いえいえ!すごく考えさせられました。
    秩序立てて考えるのがかなり苦手で、カンや思いつきで突き進んで失敗するタイプなんです。
    しかし、そのカンや思いつきも、なにも天から啓示を受けてるわけではなく、自分の脳内で起こっている(笑)ことが元なので…。なんだかすごく納得してしまいました。
    本当にどうもありがとうございました。

    逆切れは…ホント困っちゃいます。
    1-9くらいで明らかに相手が悪いのに、その微々たる非を突っ込まれてしまって(´・ω・`)
    決して頭の回転が速いほうではないので、なかなかその場で反撃できず、かと言って決して納得できる話でもないので、ストレスがたまります。

    > 相手はもう最初から戦闘状態

    相手自身に非があることを内心理解してるからそうなるのですよね。
    う~ん、ムカつきますね!(^-^;