進化するコンタクトレンズ

以前購入した2weekのコンタクトレンズが残りあと1セットになりました。
ここまでソフトが楽だということを知ってしまうと、たまにハードをつけてみようとしても、もうゴロゴロ感が酷くてつけられない……。
眼科でもう一度相談してみようとは思うけど、現状では仮に「ソフトよりハードの方がいいですよ~」程度のオススメ具合なら、迷わずソフトを選ぶだろうと思います。前はハードの方に押し切られた形になっちゃったけどね。

ハードって、しばらくお休みしたら、また一から慣らさなきゃいけないっていうのはわかってるんです。
でもねー、実はソフトからハードに転向したときには、わたし全く苦労しなかったんですね。
二日目からは全然平気で、一日フルでつけてたくらいなんで、今これだけ痛みがあるっていうのがわからない。痛いのだから、少なくとも良くはないと思うんですよね。

さて、ふと思いついて、再度1dayの5枚入りを購入しました。

「エルコンワンデー」という商品で台湾メーカーのもの(→日本メーカーでした)なのだけど、片目分が380円なので、お試しするときや旅行用にちょうどイイのです。ちなみにこれを購入するのは2度目。
左右とも、これまで使っていたものから1段階度を強くしたものにしてみました。
この度数、ひとつ前に使っていたハードレンズに近い度数ものです。

実は前回ハードを作り直したときに、「より遠くを見やすくするか」、それとも「より近くを見やすくするか」で迷い、結局「近く」を取って緩め度数を選んだのでした。
なので、現在の度数だとちょっと遠くが見にくいのです。
と言っても、両眼でギリギリ0.9が見えていたハズなので、日常生活や車の運転には全然支障ないんですけどね。
ただ、乱視の具合もあると思うので、ソフトの強め度数でも同じように手元が見えにくいのか確かめてみたかったんです。

そしたら……。
あらー、普通に見えるじゃないの!
新聞の文字も読めるし、針の穴にも糸が通せますよ。
なおかつ、遠くも今使っている度数のものより良く見えるんだから、絶対こっちがいいじゃないの!

考えられられることとしては、同じような度数でも、ハードとソフトとでは見え方が違うってことがひとつ。
それともうひとつは、ハードって長期間使うので、その間に目に見えない程度の細かな傷がたくさんつくんです。それで、近くが見づらくなるっていうことがあるみたい。
ソフトの1dayなら、それこそ全く傷のついてないまっさらなわけですからね。

けど、ひとつ前に使っていたハードは、最終的に手元が0.4くらいしか見えてなかったので、てっきりソフトでも見づらいのかと思ってました。
うーむ、その違いにびっくりです。

しかし1dayは楽ですね。
2weekのは今回シードの製品を使ってたんだけど、それに比べて薄いんでしょうかね?
周りが見えてるから目にレンズは入ってるんだろうけど、使用感がほぼないので、時々「アレ?」って思います。
まぁ、多少は乾くので、ソフトサンティアは使ってますが……。
それと夜、外すときに、目からぴやっと取ってポイっと捨てれば良いっていうのが、長年コンタクトを使ってきた身としては衝撃的です。
コンタクトレンズの進化って、ホントすごいわ……。

今回わたしなりに使い捨てコンタクトレンズを試してみてその快適さを知ったところで、この先ハードに戻る自信がなくなったのというのが正直なところです。
なんとかソフトレンズが使えるよう、眼科で直談判(というのは変だけど)したいと思います。ああ、ソフトが使えますように!

その様子はこちらです。

スポンサーリンク
広告336
広告336

フォローする